自分と繋がり いのち本来の喜びを生きる Rieのブログ

インドに飛び込み体験、体感し得たものは、本当の自分に帰る知恵。

光り輝く島

先日NHKの番組「世界はほしいモノにあふれてる」で取り上げられた

スリランカ

 

録画したものを早朝の静寂の中見てました^^

 

見逃してしまった方は再放送をチェック⬇︎

[NHK総合1・東京] 2021年01月19日 午前0:58 ~ 午前1:43 (45分)

深夜だから、、、録画でしょうかね。

 

 

 

スリランは2013年にここは行かねば!っと旅してきた私も大好きな国です💕

ちなみに、このブログの壁紙?に使用している写真はその時のものでした( •ॢ◡-ॢ)-♡

まさかここで繋がるとは!

 

地図上ではインドの右下に位置していて、「インドの涙」とも表現されることもあるみたいですよ✨

総面積は北海道よりちょっと小さい島国。

仏教徒が多く、お料理にモルディブフィッシュというかつお節に似た食材を使うなど、

日本人の私たちが親しみやすい要素を多々感じます^^

 

それと、東西南北の移動が何千キロというインド亜大陸に比べると、

その要素がぎゅっと凝縮されたスリランカという土地は旅人的にはありがたいです。

 

2009年まで内戦が続いてたようですが、終結してわずが4年後の2013年には

そんなこと感じられないほど、緑が溢れ、自然と寄り添い、

仏教の教えが暮らしに根付くとても懐かしい空気がありました。

空港の到着ロビーでは、お線香の香りが漂うなか、どーんと構える仏像さまが出迎えてくれて、思わず「ただいま」って気持ちになりました^^

 

内戦があるとか、デモや立ち入り禁止エリアがあるとか、一部のネガティブな情報で

その国や地域を「危ない」っと決めつけることは私は好まないです。

 

また逆も然り。

 

確かに女性が夜一人で出歩ける、落としたものが無事に帰ってくる、

そういった部分では安全と言えば安全。

だけど、毎日事件は起きているし、メディアに取り上げられることのない悲しい苦しい実状があるものです。

 

「人と問題は別のもの」

っとインド独立の父 マハトマ・ガンジー様も言っておられます。

 

人や地域の一部を見て、全体を決めつない。

祖父から学んだこの視点。

全体性を持って人、もの、ことに向かい合う姿勢はどんな時にも大切にしたいです💕

 

 

さ、私がなぜスリランカに行ったのか。

ですが、2013年の1月から春まで私は北海道のニセコ町スノーボード漬けの日々を送りました。

この1年は世間の常識捨てて思うがままに旅をするっと決めていたので

 (☝︎年齢とか関係ない、思い立った時が自分にとって最高の時と思っています)

 

雪のシーズンが終わって地元に戻り、最後のぶらり旅はどこにしようかと

まだ訪れていない東南アジアの見たい景色リストを集めていました。

 

ただ、ここもいいし、あっちもいいし、決め手にかける。

 

そんな時、美容室で髪を切りながら

並べられた雑誌をパラパラ飛ばし読みしていたら、、、心鷲掴みされる写真が。

 

私の心にビシ!っと刺さった風景。

それがシーギリヤロックを上空から写した見開きのページでした。

そして、ジャングルと一体化したホテル(๑✧◡✧๑)

 

f:id:jnana-shri:20210116101208j:plain

f:id:jnana-shri:20210116101042j:plain

Dambulla Hotel | Heritance Kandalama Hotel | Official Site


もうね、これ理想形!っと「自然と一体化」がテーマのジェフリー・バワ建築にも魅了されました(๑✧◡✧๑)

 

ヘリタンス・カンダマラに限らず、国内に点在するバワ建築のホテルはもちろん、

コロンボ市内に残るバワのご自宅も本当に素敵な空間でした。。。

回想しながらすでに行きたくなっている笑 

 

それまであったいくつかの候補地が一瞬にして消え去った瞬間を、

今でも覚えています💖

 

だってさ、広大に広がる緑のジャングルの中に、どかーんっと地上200mの岩山が

そびえ立っていて、その上に宮殿があったというではないですか!

 

f:id:jnana-shri:20210116100855j:plain



もう「天空の宮殿」とか、、、ラピュタ世代には心鷲掴みだと思うんですよね💘

 

「ここ絶対行く!」っと、もう思考も行動も全てスリランカへ一直線!

 

例の如く、潤沢な資金は特になくw

・費用は抑えるところは抑えて、いかに自分が見たい景色を見に行くか。

・ルートが決まったツアーではなく、自分でいろいろ開拓したい。

・ジャングルにあるホテルまで自力で行けるか?

・レンタカー借りて行くのは可能なのか?

・バスや電車など公共機関てどうなんだ?

 

現地に駐在している方のブログや旅ブログを参考に、頭の中でルートを

思い描く。

そんなことしてるうちに、

スリランカ ツアーを独自で開催している岩瀬幸代さんのブログに辿り着きました。

スリランカのアーユルヴェーダで、ほっ。 by岩瀬幸代

 

幸代さんはスリランカアーユルヴェーダ、旅行、健康をテーマに執筆活動される旅行作家さんです❣️

 

余談ですが、先日つくば市にあるスリランカ寺院スリ・サンブッダローカー寺院で居合わせた方がツアー会社の方で、なんと幸代さんとお友達、そして私が参加したツアーの現地手配をしてくださった会社の方でしたΣ('◉⌓◉') 

 

まさか茨城の田舎で出会うとは、、巡り合わせって本当に面白いですよね❣️

 

幸代さん考案の当時のツアー工程には、私が見たい景色、ホテルが一通り

スケジュールに組まれていたので現地でジョインすることに。

 

のんびりマイペースな旅を好む私には、パッケージツアーの7日間で帰国、

っというのはせかせかして終わってしまいそうだったので、

先に単独でスリランカに入国して、

ツアーには組み込まれていない私が行きたい場所を巡ったのです。

 

欲を言えば、1ヶ月はいたかったですね。

東海岸も気になるポイントではあったのですが、日数が足りなかった。

今思えば、自分に制限かけず欲したままに滞在すればよかった。

 

ここまでお読みいただくと、私という人間は本能のままに自由奔放に生きているように

感じられるかと思いますが、まだまだ無意識に社会の常識、自分への遠慮が癖づいています。

 

今は、そんな自分に気がつくと「これ、要らない遠慮だな。癖だな」っと

ぽいぽい手放していけてます^^

 

スリランカの10日間、もちろんシンハラ語は読めないし、看板の文字も

何書いてあるのかわからない。公共機関のバスや電車の乗り方もわからず、

現地の方にひたすら聞きながらの旅。

 

インドの旅もこうですが、ゲームに例えるならドラクエです。

(ゲーム自体はやったことないけどw)  

 

私の旅は汗と埃にまみれて、決して綺麗で優雅な旅ではないし、

一つ進んで、振り出しに戻ったり、効率悪く、女ひとり旅は面倒だなと感じることもありますが、

それも含めて何気ない現地の日常を体感するオリジナルの旅(๑✧◡✧๑)

 

自分の足で歩いた道のりは、愛おしい経験に変わりますね💕

 

インドとはまた違った瑞々しい空気が漂うスリランカ

おしゃれなアーユルヴェーダショップも、たくさん魅力的なアーユルヴェーダ施設もあるのですが、この時点ではアーユルヴェーダを知識として学ぶっというよりは、この土地の空気まるごと味わって、お買い物して、次に訪れることを楽しみにしながら帰国しました。

 

スリランカの南国らしい色づかいに心がワクワクしっぱなしです💛 

 

スリランカアーユルヴェーダ 情報は幸代さんのブログや、

姉弟子ゆみさんのサイトをのぞいて見てくださいね^^

 

感染症が蔓延していく今だからこそ、単なるダイエットや健康情報ではなく、

何千年も受け継がれてきた暮らし方が残る土地に人は還っていく、そんな時なんだと感じています^^

 

当時はまだブログなどしていなかったので、Facebookの投稿を添えておきます。

また行きたいな♪スリランカ❣️

 

今日も素敵な一日をお過ごしください💛

 

 

 

 

たまたま雑誌で目にしただけのホテルとシギリヤロックに惹きつけられたスリランカ。 いつもの「行けたらいいな」じゃなくて、ここは行っておかなくちゃ!となぜか感じた。 獅子座だからかなぁ~(・・?)) 国旗に獅子がいるし、シギリヤロックの入口...

雨甲斐 理恵さんの投稿 2013年10月15日火曜日

 

 

オンラインヨガ の参加方法

オンラインヨガに興味をお持ちいただきありがとうございます。

 

参加方法Q&A

Q:参加に必要なものはありますか?

A : まずはインターネット環境があることが大前提です。スマホタブレット・PC。

こちらのZoom公式サイトより「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロード。

スマホタブレットでご利用予定の方は「モバイルアプリ用」をダウンロードしてください。

 

Zoom自体は無料ですが、ダウンロードや視聴には通信費が発生しますので、ネット環境を

ご確認の上ダウンロード、クラス参加をお願いします。

 

Q : 支払いはどうすればいいですか?

A: 現段階では、銀行振込とPayPay、LINEpayになります。

 クレジットカード決済の準備が出来次第、ご案内いたします。

 

Q : Zoomで参加の際は、こちらのカメラもオンにした方が良いですか?

A : 初期設定は映らないようになっています。

      カメラをオンにした場合、他の参加者の方にも見えるのですが、

    「スピーカービュー」にして試聴されると話し手の私のみが画面に映るようになります。

  なので、ご自身のカメラのオンオフはお好きな方でご参加ください♪

 

  また、アーサナが始まる前に音声はミュートにしていただき、

       もしオンになっている場合はこちらでオフにさせていただきますので、ご了承ください。

 

 

<お願い事>

・オンライン上では皆さまの細かな表情まで目が届きにくいので、怪我のないよう当日のご自身の体調・心の様子に寄り添って無理のない範囲でご参加ください。

・ゆったりしたヨガですが、既往症があってご不安なときはお医者様の指導のものご参加ください。

・妊娠中の方の参加はご遠慮いただいております。

 

 

遅ればせながら、新年ご挨拶。

明けましておめでとうございます。

 

2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、皆様お変わりないですか?

 

私は年末に結構食べ混みまして、、大晦日の夜に体重計にのってゾッとしました笑

 

元日から自制モードに切り替えつつありましたけど、やはり甘いものが多いこの時期は

うっかり1つ食べてしまうとエンドレスに食べてしまいますよね。

 

食べてしまうから、なるべく洋菓子より和菓子、っと気をつけましたが、、

洋菓子率が高い。

 

チョコレートこそ食べていないけど、一気に血糖値をあげる糖類は

中毒性が高いから気をつけないと!っと

頭ではわかっていても、このループに入ると私は流される傾向にあります(^_^;)

 

なので、そんな時は食べたものを日記やヘルスケアアプリに記録して、

見える化」を心がけます!

「うわーー食べ過ぎ(ーдー;)、あかんやろこれ」っと自然と

自分に向き合うことになるので、自然と自制モードになる。

 

あとは、つい間食しそうになったら、

「さっき何食べたっけ?本当に食べたいと思ってる?」っと自問する。

これもなかなか効果ありです笑

 

やっちゃいけないのは、食べてしまった自分を責める事。

食べちゃった、でも大丈夫っと楽観的にいきましょ^^

 

そして、忘れず運動もね。

寒くなって、早起きしてもお散歩に出ることなく家事をしてしまう毎日ですが、

歩くことで思考や感情もまとまって来くるので、瞑想効果大!

なるべく歩くことを心がけています。

 

さぁ、そんな風にのんびり幕開けた2021年、

1月7日をへてやっと動き始め、

オンラインストアやホームページの改修、トリートメントのことなど

心強い協力者とともに、ちょっとずつ前進しております^^

 

f:id:jnana-shri:20210111063605j:plain
f:id:jnana-shri:20210111063804j:plain
左)全身のトリートメント・アビヤンガ 右)脳のマッサージとも言われるシロダーラ

 

写真は結城市にスタジオを構える35photoさんに撮っていただきました。

スタジオ以外でも出張撮影してくださるので、家族写真やペットとの写真を残したい方にもオススメです^^ 

35Photo トップページ | プロカメラマンによる出張撮影します。家族写真・結婚式・七五三…様々なイベントの写真撮影のご依頼承ります。


 


思い返すとね、2020年は「旅するヨガ」として、

いろんな土地でヨガリトリートしたいっとやりたいことをたくさんノートに書いていて、

昨年の今頃は初めてのインドツアーのスケジュールを詰めていましたね。

 

数日後に精密検査の結果、「手術が必要」それも「半年は待てない」っと聞いたときは、

「え、もうすぐインド行くんだけど?」「なぜ、今?」っとショックを受けた私。

でも、インド行きをやめるって考えが全く浮かばなかったです笑

 

手術にコロナに、一昨年の年末に掲げたやりたいことリストはほぼゼロになったけど、

最初のインドツアーができたことは宝物ですね。

f:id:jnana-shri:20210111065904j:plain
f:id:jnana-shri:20210111065711j:plain

 

 

我ながら激動の幕開けした2020年、

2021年も今日の1月11日を境に思考の現実化が加速するであろうと感じてます。

 

だからって急がなくていいんですよ。無理に何かを決めるのではなく、

気持ちが乗らないな〜っというときは、潔く休む!

 

発酵食品も寝かせるほどいい味になりますよね。

 

だから、無理に未来を決めなくていいんです。

無理にワクワクしなくていい。

 

決まる時はストンと決まるし、

進む時はスムーズにことは進むもの。

 

動きたくなってから、動けばいいだけです^^

動けない時は動けない理由があって、

決して無駄な時間ではないから大丈夫🙆‍♀️

 

だから、周りが急速に変化して行ったとしても、

まずは自分の心にいつも軸を持って、

ワクワクしながらマイペースに毎日を過ごしましょう。

 

だって私たちは守られているし、自分で未来を切り開く力を持っているから^^

 

きっと昨年の私のように、思いがけない事がやってきて、

今、急な選択を迫られている方もいるかもしれない。

または今の私のように、新しい扉を開けるタイミングでできるのか、

どうなんだ?って揺れる心の方もいるかもしれない。

 

いずれにせよ、私たちはいつでもどっちにするか「選択」しているのだけど、

リスクを考えて恐れや不安を理由にやらないって道を選ぶより、

 

「私、本当はどうしたいんだっけ?どうなりたいんだったっけ?」っと

 

自分に問いかけて、

 

どうなるかわからないけど、心がワクワクする道を選択してほしいなと思います^^

 

というか、一緒にワクワクを広げていきましょうね🧡

 

手術のおかげで、心も身体も魂も完全にスッキリした私、

長いこと曇っていた空がクリアに晴れ渡った!まさにそんな感じの今に感謝です。

 

 改めて、今年もどうぞよろしくお願い致します^^

 

 

Diya Sanga   理恵

 

新月満月のタイミングでメッセージを配信してます♪

LINE登録で私と繋がりましょー^^

 

友だち追加

HP: https://www.amagai-rie.com

instagramhttps://www.instagram.com/rie_amagai/

 

2020年最後の満月です

 

いいこともそうでなかったことも、たくさんあった一年。

 

振り返ってみると、去年の今頃は想定外の手術に向けて心があっちに行ったり

こっちに行ったりしてましたね。

 

コロナが広まりつつある時でしたし、手術も半年は待てないと言われたけど、

「2月4日にインドに行く」、それはもう揺るぎない私の心でした。

 

神降ろしのお祭りであるテイヤムから始まった2020年。

f:id:jnana-shri:20200206232701j:plain

人間に神が憑依して行く様、燃える火の熱さ、演者の熱量、

地元の人たちの深い信仰心、そのすべてを体感できたことに感謝。

 

手術したことで、自分の中身(心・感情)が大きく変化したのですが、

あのカヌールの旅で体感したこと、思いが今後の未来に大きな影響を与えてくれたと

感じてます。

 

f:id:jnana-shri:20200206235035j:plain

 

テイヤムについて、わかりやすくまとめられた記事を添付しておきますね。

【視察レポート】ケララ北部の秘祭を撮るテイヤムの神と女神たち【その1】 – 添乗員ツアーレポート|西遊旅行

 

インドのお祭:雨季に行われる唯一の「テイヤム Theyyam」|ケララ州カヌール | AROUND INDIA アラウンドインディア

思い出すだけで、細胞が元気になってきます笑

 

来年は難しいけど、次はカラリのお祭りと合わせて体感しに行くと決めてます🧡

 

どんなに科学は発達して、便利な社会に変わっても、

昔から伝わってきているものを大切にしている暮らしには

必ず祭儀が存在します。

 

神様は架空のようで、その実体は私たち一人ひとりの心の奥にあるもの。

 

どんなに苦難が押し寄せても、

 

一旦はひるんで、怖気付いて、もう終わった、、、

 

そんな気分になっても、私たちはまた立ち上がる強さを

その胸の奥に秘めてます。

 

一人で立ち上がれる強さ、

 

一人で一歩踏み出す強さ、

 

そんなわけないって思っても、そんなわけあるんです笑

 

きっとまた歩み出すから、今がそういう状態じゃなくても

 

焦らずに、まずはきちんと眠って、

 

きちんと食べて、きちんと心・感情を見つめて

 

魂の声に耳を傾けて行きましょう。

 

心・感情・魂がよくわからないときは、

 

手のひらにもう一人の自分をイメージしてもいい

 

自分の心や魂、ま〜るい陽だまりをイメージしてみてもいい

 

そこに向かって、問いかけてみるのも案外いいですよ。

 

・私がワクワクする方はどっち?

・私が楽しいって思うことは何?

・私が会いたい人はどんな人?

 

後回しにしがちな自分の心に、

たくさんたくさん問いかけてみて

 

本当に手に入れたい未来を

 

自由に思い描いて、文字や言葉にして書き出してみる

 

そうすることで、なぜか未来が拓けてきます

 

より現実味を帯びて体も勝手に動き出すでしょう

 

2020年の出会い・出来事にたくさんの感謝を込めて

 

ご縁をいただいた皆様も

新しい年を健やかにお迎えになりますよう心からお祈り申し上げます。

 

ここから始まるあなたの未来✨

 

もう言い訳は一切なし

 

誰に遠慮することもなく

 

自分の心に合わないものは どんどん手放して行きましょう

 

そして新しい一年もともにワクワクを膨らませて行きましょうねॐ

 

Diya-Sanga   理恵

 

 

f:id:jnana-shri:20201230125719j:plain

 

新しい流れを体感中の満月

 

こんにちは!

 

先日、石垣島より戻りましたー!

 

旅立ち前にLINEでゆるっとした旅のスタイルについてかきました。

 

するとすぐに出会いの情報が舞い込んできました😆

 

もうすでに空港飛び立つ前に、「これは面白くなってきたー!」っと大興奮の私でした笑

 

今月は地元にて再会のラッシュ、旅先にて出会いのラッシュみたいです✨

 

気づけば2年ほど会ってなかった地元では数少ない心友に続き、中学校以来に再会した近所のお姉さんたち❣️

 

なんだなんだ〜っと戸惑いつつも、

そっかそっか新しい流れだねってワクワクして仕方ないのです🥰

 

石垣島に到着するなり、幼馴染のお姉さんと再会でき、美味しいごはん屋さん情報を聞けてしまったり、翌日はフラをやってる方達のレイ作りWSに混ぜてもらって、多香美さんのハーブガーデンから好きな植物を摘んできて、みんなで編み編みしてきました✨

 

こんな女の子的な事、いつ以来なのだろうかっ😆 皆さんに囲まれて写真撮ってもらった時は、本気で照れました🤣

 

でも、本当に皆さんとの出会いが楽しくて初日からお腹いっぱい🥰

 

f:id:jnana-shri:20201130175002j:image
f:id:jnana-shri:20201130175007j:image
f:id:jnana-shri:20201130175010j:image
f:id:jnana-shri:20201130175005j:image

 

翌日は多香美さんに島を案内していただき、美味しい島そば食べて、ジャングルを抜けて海辺を散策。足元は砂浜ではなく、真っ白な珊瑚の浜辺です。ちょっと痛かったりするのは、インドのお寺の中を歩いているようで懐かしさを覚えました😄

 

太古の昔からある植物を教えてもらったり、お互いのことを語り合ったり、ほんとに生まれてきてよかったよね〜って命や地球のことたくさんお話してきました!

 

f:id:jnana-shri:20201130204305j:image

 

オンラインで繋がって、対面するのは初めてでしたけど、共通点が多くてびっくりすることが多々ありました😆

 

飾らない人柄の多香美さん❣️ 

みんなも繋がってほしいな〜っと感じてます😄

 

多香美さんとのご縁も不思議なんですが、石垣島は多香美さんと繋がる前から「いつか行きたいな〜」っと思っていた場所でした。

 

私の大親友の大親友が移住しているとか、

別のお友達の同級生が西表島でネイチャーガイドしてるとか、

私の大切なお友達がみんな繋がっている。

そこに多香美さんが加わって、

なんと大親友の大親友が今多香美さんと共に

アースヒーリングアカデミーの事務局を務めてる!

 

f:id:jnana-shri:20201130180512j:image

 

はじめの土地とは思えない馴染みっぷりでした笑

ほんとにいいタイミングで繋がれて感謝でいっぱい🥰✨🙏

 

多香美さんのHPはこちら→

https://earth-healing-academy.com/

 

大親友の大親友じゅんちゃんのお店はこちら→

https://u-k-a.ocnk.net/

じゅんちゃんにホームページなどに使う写真を海辺で撮っていただいのです❣️

 

撮ってもらうことに慣れていないので、表情が硬くなりがちなところを、上手に笑わせて自然な笑顔を引き出してくれるじゅんちゃん💗

もーーー感謝でいっぱいです❣️

私と共に出来上がりを楽しみにしててください😆

 

 

3日目は離島にいこうかな?なんて考えてましたけど、多香美さんのご自宅にヨガの先生が来ると言う事で、今回は離島は行かずヨガを受けさせてもらいました💗

 

穏やかなやすこ先生のヨガ。久しぶりに受ける側になり、心地よかったです❣️

 

f:id:jnana-shri:20201130200321j:image

 

また会える、そんな気がしてならい石垣島の皆さんでした✨

 

最終日のミッションは、アーユルヴェーダ の薬草を育てているもだま工房さんを訪問!

https://tubokusa.com

 

コロナに感染拡大中とあって、畑の見学会は中止されていますが、ご自宅への訪問は快くお許しをいただき、限られた時間の中でたくさん貴重なお話を聞くことができました!

 

ずっとメモ取りたい!そんな気分😆

まるで授業ですね🤓 言葉の端々に学びがいっぱい💗 一日中居られる気がしました笑

 

f:id:jnana-shri:20201130200950j:image

 

この日に購入したハーブティ、ハーブパウダーは29日に予定していたイベントで皆さんに購入いただく予定でした。

 

残念ながら、当面イベントも微妙かなと思うので、自宅にお越しくださる方には販売させていただこうと思います😄

 

f:id:jnana-shri:20201130200928j:image

 

👆こちらはもだま工房さんの販売スペースです^^

 

女性ホルモンを整えるシャタバリ。私も何度か飲用してますが、なかなかパワフルですよ❣️

PMS

・生理痛

更年期障害

女性のみのものではなく、男性にも飲んでいただけるインドの最強ハーブです😄

 

って、最高のハーブがたくさんあるアーユルヴェーダの薬草😆

 どれがどうなの?っと混乱しますが、どれも自然のお薬に変わりありません😊

 

さぁ、急ぎ足で石垣島の旅レポートしましたが、、今日は満月🌕

 

新しいことが始まる❣️っと思ってスタートした11月ももう終わり。

 

明日から12月です✨

 

私自身の活動もまた変化の時です。

向かう先は決まった!あとは形にするだけだっと言うところで

 

11月中の日々も、今回の石垣島もそのためで、今も頭の中はどう形にしていくか、

思考が巡っておりまして、毎日が整え段階!頭がちょっと忙しいです笑

 

まとまってないですが、まずは封印したはずのオイルトリートメントを再会する流れになりました😊

 

振り出しに戻る感じですが、私にとってこの両手はご先祖さまから授かった宝ものなのです☺️

 

もう少し準備が整ったらご報告したいと思いますので、楽しみにしててください❣️

 

さー、ここからまた新たに始まるストーリーが生まれるんだ❣️っとワクワク心躍らせつつも、

 

過去の出来事、その時の感情と向き合う時間も忘れていませんよ🥰

 

実は9年前の今頃。私はまさに晴天の霹靂の中にいました。

 

ちょっと長くなるので、この話は次の投稿にします😄

 

まずはこれを読んでくださっている皆さま

今のご自身の心はどうですか?

 

晴れてますか?曇ってますか?

 

上がりすぎず下がりすぎず、

まずは目の前の状況を真っ直ぐに見渡して

 

ご自身が本当に向かいたい先をイメージして

いきましょう😊

 

きっと光の道筋は見えてきます❣️

 

自分を諦めず、小さくてもいいから

前進していきましょー✨🥰✨

 

皆さんの健康と平和を願ってます✨🙏✨

 

ではでは、満月のエネルギーをたくさん

浴びて寝ましょうね🌕

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました😊

 

理恵

 

すべては母を想う心から

新しいことがはじまるんだ!そう感じて迎えた11月。

 

1日1日の気づき・変化を体験する毎日で、目の前の現実が好転速度が加速中で興奮します。

 

興奮だけじゃなくて、家族やご先祖さまに感謝の思いが溢れて涙腺崩壊月間となっています(泣

 

今週、39年生きてきてやっとやっと果たせたお役目があります。

役目を果たせたこと、願いがかなった今とても幸せで喜びが満ち溢れている。

 

感無量ってこういうことなんだろうな。。。

 

 

これまで生きてきた中で、私はお墓参りを欠かしたことがありません。

父方と同じように母方のお墓も必ず足を運び、自分の人生に希望が持てないような時にも

足が向くままお墓に行って

「いつも守ってくれてありがとう」と感謝を伝えてきました。

 

母方の方には、また別の想いもあって。

 

写真もあまり見たことがない母の生みの親に

「お母さんを産んでくれてありがとう」といつからか、心の中で伝えるようになっていました。

 

母の生い立ちは複雑で、生みの親は母の3歳の誕生日の1ヶ月後に病死、

母代わりだったおばあちゃんも翌年他界。

 

その後、母を連れておじいちゃんは再婚するんだけど、

事実があって母は7歳で親と離れて暮らすことになった。

 

こんな話をどのタイミングで聞いたか忘れたけど、祖父母、両親、兄弟がいて、

わがまま言って好きなものを買ってもらえる私はどれだけ贅沢なやつなんだと思った。

 

同時に7歳で親と離れて暮らすってどれだけ寂しかっただろう、怖かっただろう、

辛かっただろう、どれだけの痛みをこの人は抱えてきたんだろう。そしてどれだけこの人は強い人なんだろう。

と母の心のうちにある悲しみを思うと、この人をこれ以上悲しませていけない。

 

そう思うようになっていて、私のしっかり者のいい子ちゃんはここから始まった。

 

仲良し親子ではあったけど、現実派の母は感覚的な私の個性を認めてくれず、

なんで分かってくれないんだろう?っと切ない想いもしたし、それを通り越して怒りになったりもした。

 

だけど、母親の無償の愛ってやつをたっぷり味わうことなく生きてきた母が、

一生懸命、育児本を見て間違わないように間違わないようにって模索しながら

育ててくれてた事をおもうと、真正面から感情をぶつけることもできなかった。 

 

私が7歳で生死を境をさまよい、運良く五体満足で日常に戻ってきたけど、

その当時どれだけ不安な日々を送ったのだろう。

 

当時の私は自分の身に起きたことに実感がなく、

「死んでも不思議じゃなかったなら死んでよかったのに」と思うような冷めたやつでした。

 

やることなすこと妬まれ、揚げ足取られる学校生活が「めんどくさ」っと

疲れていたんですよね。

でも生かされたってことは、何か意味があるはずだ

生きることできない人もいる中、助かったこの命は大切にしなきゃいけない。

 

 何を託されたのか考え始めた小学の半ば、まずは人間としてどうあるべきかを模索し始めました。

 

家族、学校、大人たち、いろいろな場面で人の心、自分の心を観察してまず出た答えは、

どんな状況でも自分の心に正直に生きようってこと。

負けるより自分に嘘つくほうがダサい。

それが、勝ち負けじゃなくて戦わないのがいちばんの強さだなって信念に変わっていった。

 

二つ目は、365日休み無く働く両親の目となり、みんながいけないところまで行って、

きれいな景色やそこに暮らす人たちを見てこよう。そしてそれを教えてあげようと思った。

 

3つ目は、、、何だったか忘れたけど、多分、どんなことがあっても家族の幸せがなければ私の幸せはないから家族は大切にすること、人の痛みを救えるように経験増やすこと、命は大切にすること、とかそんな感じだった。

 

安定した職について欲しい母親とは真逆を行く私。

安定で安心は買えないとか、やらない後悔したくないとか大そうなこと言って、

その時々で自分と向き合って出し続けてきた自分の答え。

 

時には真っ暗闇にあえて飛び込んでみて、逃げ場も作らずに独りになってみて、

独りになるってこういうことなんだなとか体感して、

でもそこにはそこの光があって、正義があって、

 

なんだどっちも一緒じゃんっと学んで、やっぱり自分の心の持ちようだって学んだ。

 

結局この世界は裏も表もなくて、人間の見方一つで目の前の光景は光にも闇にも

善にも悪にもなる。言葉の本当の意味を知ればどちらも悪くないって体感できた。

 

そして時は流れて、祖父が他界した後アーユルヴェーダを学びにインドへ導かれたのだけど、

その時は心停止から救った父の体を思って、本当の健康を学んでくる!そんな感じだった。

 

わけわからず、翻弄されたインド。

 

初めてのインドから帰国した時、たくさん父や母にもお薬を買ってきた。

でも両親は私の話すことに理解不能って感じで、

買ってきた薬も「苦い、やだ」っと拒否られた。

「なんだよ!せっかく親の体を思って買ってきたのに。学んできたのに」っと

憤った。けど、ここもまずは自分だけでよかったんだなって後から気づきました。

 

ここ最近、父も私の言葉に耳を貸すように変化して

それは私が手術して色々なものが取れたからだと実感している。

素直に思っていることを伝えればよかったと今になって学んでます。

 

そして、今週やっと果たせたお役目というのは、母の心の奥にある

辛く悲しかった子供時代の痛みから、母を救うことができたということ。

 

そのきっかけは、数少ない地元の心友が運んできてくれた。

 

私とおなじ漢字で同じ名前のメッセンジャーさん。

この方から母のおばあちゃんが母に伝えたかったことを伝えてもらった。

 

勘がいい私を不思議がるくらいの母は、スピリチュアルな事は怪しいって派で、

メッセージをくれる方に会うのも尻込みしたんだけど、

 

「本当の意味で幸せになって欲しいし、本当に自分を癒せるのは自分しかいないの」

「怖い事はないから大丈夫、一回向き合ってみよう」っと問いかけてみた。

 

メッセージを聞いた母は、半信半疑だったけど、私がここ最近体感してることと、

その方がいうことがマッチするからちょっとづつ自分の中に受け入れてくれてる。

 

人生の停滞感を感じながらも、自分の現在地を把握して、自分の心をしっかり見つめて、

今自分がどんなタイミングなのか、全部俯瞰して一個一個丁寧にクリアしてきて、

病気はギフトだってポジティブに臨めた。

定期検診も半年ごとでいいと背中を押された今月初め、

 

「準備は整ったんだ。新しいことがはじまる!」っと確信した矢先に舞い込んきたこのご縁。

 

これもきっと祖父の導き。だってね、病院の玄関に置かれた菊を眺めたじーちゃんの背中を

写した写真を見たら、ちょうどメッセージをもらった日にちだった❣️

 

またまたじいちゃんの大きな大きな愛を感じて、朝から号泣しました。

 

そして、心、体、それだけじゃなく、私は魂レベルで人を救いたい、そのためには人の痛みを知らなきゃ救えない。

 

そう子供の時に思ったから無謀な冒険を繰り返して体で学んできて

自分の学びのために問い続けてきたことが、

最終的にアーユルヴェーダやヨガに導いてくれた。

 

いいことを知ったらすぐにいつでも家族の姿が真っ先に浮かんだけど、

まずは自分でよかったと昨年気づかされた。

 

だけど、自分の学びのためって思ってやってきた事は

全部この人、自分の母を救いたい、そこが始まりだったんだと

すべての点と点がつながりました。

 

子供の頃に決めたこと、なんだかんで全部実践してきてた。

 

やったーーーーーーーーー!!!!!!

やっと叶ったんだ!そう思ったら、もう嬉しすぎて

やっと救えた!やっと果たせた!

もう喜びと感謝で全身いっぱいいっぱい。

 

これまで誕生日や何かのたびに「生んでくれてありがとう」は伝えてきたけど、

数日前に初めて、いつもお墓に行くと「お母さんを生んでくれてありがとう」と言ってる

ことを母に打ち明けた。

 

思わず二人とも涙が溢れたね。でも、本当にいつもそう思ってきた。

母がいなければ、私はここに存在しないし、

生死の境で私を呼び戻してくれたのは私の名前を呼ぶ母の声だ。

 

だから、どれだけすれ違っても欠かさなかった、生まれてきてくれてありがとうと

産んでくれてありがとうの想い。

照れを外して、やっと面と向かって言えた^^

 

昨日、母と二人でお墓参りに行き、

墓前で母に「生まれてきてよかったって思えた?」っと

聞いたら

「う〜ん、そうだね〜。」って照れ臭そうに笑った。

 

帰宅して車を降りる前、「ありがとう、お世話様でした。こんな話ができるなんて考えたこともなかった」っと

辛かった胸の内をぽつりぽつりと話し出してくれた。

 

「なんで死んじゃったんだよ。ってどちらかと言えば、憎んでた」

「父親じゃなく、母親がいればもっと自分の人生違ったんじゃないかって

思う時もあった」と。

 

うんうん、いいんだよ。どんどん吐き出せって

 

我慢した分いっぱい泣いていいって伝えられた^^

 

ここがスタート。我慢強い心の癖をどんどん解放させてあげよう。

おばあちゃんができなかった分、心のことをこれからもたくさん

話してたくさん聞いてあげよう。

 

これが私がやりたかった事、叶えたかった願い。

 

私の幸せは家族みんなが平和で笑ってることが一番の鍵で

自分だけの幸せを描けっと言われても、それ無しには全てが味気ないって

子どもの時に悟ってしまったから、

どんなにほっとけよって言われても、放っておけなかったんですよね。

とても長い時間を要したけど、それだけ喜びの深さがあって

これから先、何があっても大丈夫と思える。

 

 

私自身がまさに「死と再生」と言える大きな転換期となった2020年。

思いもよらぬ大転換期は、たくさんの感謝と愛を気づかせてくれました^^

 

よし、これで私は心置きなく実家から飛び出していける❣️そう思ったけど、どうやらまだここで、これまでの学びを伝えなきゃいけない人たちがいるっぽい。

 

7歳までが第1章なら、7歳からこの年までが第2章?

これからはじまる第3章。

私を含め、家族全体がいい方向へ流れていくそんな予感しかないのです❣️

 

どんな神様よりも、自分のご先祖様がいちばんの守り神。

そう信じてきてよかった^^

 

すべての出来事はベストなタイミングでやってくる

 

だから、焦らずに

 

どんな未来を生きたいのか、漠然とでもいいからイメージして

 

心の動きに正直に生きていれば

 

自ずと道は拓けていくから

 

安心して目の前のことを丁寧にこなしていきましょ!

 

長文読んでくださってありがとうです^^

 

理恵

 

 

 

 

 

久々の術後日記

3月3日に子宮頸部円錐切除術という手術を受けた私ですが、

絶対安静期間の2ヶ月、これでもかと自分と向き合い、

自分の体・心を丁寧に扱うとはこういうことかと、

あらゆる瞬間瞬間で気づかされてきました。

 

丁寧に丁寧に、

焦らない焦らない

今は神様がくれた休養の時間

とことん家族に甘えていい

大丈夫大丈夫

そう毎日言い聞かせていました。

 

そして、術後半年の夏にファスティグ(断食)して、手術前後で取り入れたものを総入れ替えして、体が生き生きしてきたぞー!!!っと徐々に日常に戻ってきた9月10月。

 

また仕事のばかり考えてる私がいました。

 

「ちょっと待てよ。何か忘れている。」っと仕事以外のことで、

私は10月中に何かやらないといけないことがあるはず、、っと

カレンダーをひっくり返すとやはり「3ヶ月検診」のタイミングでした。

 

1日1日の自分の心を見ながら動いていると、ちゃんと体が教えてくれるんですね、

「今はそっちじゃないよ」って。

 

先週結果を聞きに行き大号泣した私です。

 

祖父を看取った病院で、とても優しい先生と引き合わせてくれたのも、

ぜーんぶ祖父の導きだと改めて感謝の思いが溢れて泣きました。

 

やはりいつでも見守ってくれているご先祖さまに感謝ですね。