自分と繋がり いのち本来の喜びを生きる Rieのブログ

インドに飛び込み体感し得たものは、本当の自分を生きる知恵。

I love life & life loves me💕

すっかり2月も後半です。

 

昨年の10月から幕開けた私の人生の第3章♪

その序章、

これからの未来のためのベース作りを

12月から始めてきました。

 

苦手なことも、協力してくれる方々のおかげで

一つ一つ形になっていく。

 

一つ出来上がるたびに

「望む未来にまた一歩近づけた!」

っと体感する日々が続いております♪

 

何をやってきたかというと、

・ウェブサイトの改装

・オンラインショップの基盤作り

 

これに付随する写真撮影や文章作りなど

ベース作りの細かい作業と

とことん向き合った1月💨💨

 

そして、名刺もね、刷新!

とっても素敵なものが出来上がりした❣️

 

早起きしても時間が足りないと感じるほど

自分の未来に向けて夢中になってました☺️

 

ま、今も夢中ですが😆✨🌈

 

『私の未来、自分が生きたい世界は

自分で作り上げていく!』

 

そんな気持ちも日に日に強くなり、

ネガティブな思考が出ても

これは「幻想」っとわりきって、

あっという間にストレスフリーな自分がいる♪

 

だって、私たち幸せにしかならないから💗

目の前の現実は、自分が選んだ結果。

ならば、私はポジティブ全開で生きたい❣️

暗闇が長かった分の今です♪

 

暗闇といっても、私はあえてそれを

選んできたから、悔いはない☺️

 

将来人の心に役に立つ仕事をしたい

と思った私

同じ境地にいかないと、その人の気持ちをわかれないと知り

だったら、勉強より人生経験を積むんだっと子供の頃に決めてたから。

 

無茶した結果が病気に繋がったけど、

その経験も見事に自分の財産となっています♪

無駄なことは何もなく、全てが知恵となる❣️

ありがたいありがたい✨🙏✨

 

気持ちがパーッと晴れてくると、

身体も連動してくるもの。

 

術後の絶対安静期間にすっかり衰えてしまった私の体幹と下半身。

 

特に腹圧かけてはいけない!っと

過ごしていたため下腹部はまったく。。。

 

手足が自由になって動ける〜とは思っても

ヨガしてみると「うっそー😭 」っと言う

ほど戻りが遅かった。

 

身体が先か心から先か、

人それぞれのアプローチの仕方があるけど

 

私が体感するのは、やはり「心」が先。

 

思うように動けない時も

自分を否定せず、焦らず、

「大丈夫、大丈夫、今じゃないだけ」

と寄り添う。

 

術後半年以上経っても、

昨年中は大掛かりなDIYもヨガも

山歩きも思いきりやれていなかった。

 

それが今ではメキメキと頭と身体を動かせている♪

やりたくても動けなかった時間が長い分、

この嬉しさ楽しさは人一倍なんだろうな😆

 

祖父母っ子の私は、

やっぱり修理や修繕、作ることが大好き💕💕

しっかり今に繋がってる♪

 

f:id:jnana-shri:20210217112717j:plain

ヨガ部屋のユニットバスを改装中です❣️

 

一日一日が愛おしく

そう感じられる自分自身も愛おしい💕💗🌈

 

もうすぐ術後1年の記念日がやってくる😆

しあわせがどんどん大きくなる✨

 

こんなにも自分のいのち
人生が愛おしく感じられるなんて

一年前の予想を遥かに超えてる未来✨🌈✨

 

きっとここから

また予想以上の未来が
しあわせがやってくる❣️

そうとしか思えないくらい
しあわせに満ちた毎日があるのは

いのちを授かったから☺️

 

今日もご先祖や両親に感謝して

支えてくれるたくさんのいのちに感謝して

 

自分の未来とイマココの命を育むのだ❣️

 

 

<お知らせ>

ヨガの予約やブログ、ウェブサイト、

LINEなど私のリンク先を一つにまとめました☺️

SNSのフォローもお気軽にお願いします🤲

lit.link

 

オンラインヨガも好評いただいてます♪

次は<19日20:00〜21:00 セルフマッサージクラス>。

 

 

では、みなさんも今日と言う日を

存分に生きてください💗🌈✨

Let life bless you today

 

理恵

2021年 立春

立春の今日は、筑波山からスタート!

 

昨年の明日2/4はインドへむかって旅立ちました💗

 

今年はインド行けないので、

まずは神社へ行っておきたいっと思ってまして

茨城で1番高いところと言えば筑波山

 

f:id:jnana-shri:20210203222036j:image

 

筑波山神社に参拝してから、ケーブルカーで山頂へ。

871mの男体山頂から877mの女体山頂へ。

 

霜柱の上をじゃしじゃし歩く感覚、

泥が靴裏について、足が重くなる感覚、

空気の冷たさ、

その心地よさ、

鳥のさえずり、

五感で立春の空気を感じてきました🌈

 

f:id:jnana-shri:20210203222052j:image

 

東の筑波から望む西の富士山🗻は

相変わらず男前で✨

 

下山しながらすれ違いぎわに会話した

茨城訛りのかわいいお父さんから

昨年、頂上の岩に雷が落ちて割れた話を

聞かせてもらえて、次回の筑波山

楽しみをもらえました♪

f:id:jnana-shri:20210203222126j:image

 

術後からしばらく山登りが遠のいていた私の足は

しっかり鈍っていた。

息も上がりやすかったけれど、

手術前と後、その違いを楽しんだほうがいいので

ダメ出しは一切なし笑

 

焦らずに回復させていけばいいだけ♪っと

心地いい疲労感とともに

車に戻り、お弁当を食べて

いざ、茨城のスリランカへ🇱🇰

 

スリサンブッダーローカ寺に着くと、

お坊さんたちがいつものように快く

迎え入れてくれました✨🙏✨

 

f:id:jnana-shri:20210203222139j:image

 

ドーンと中央に鎮座する大仏さまに手を合わせていると

 

本堂を開けてくださったので、そちらもお邪魔して手を合わせてきました。

 

f:id:jnana-shri:20210203222207j:image

 

このお寺に来るのは3回目ですが、ほんとに落ち着くんですよね😊

 

f:id:jnana-shri:20210203222221j:image

 

スリランカの空港に降り立った時も

異国感がなく「ただいま〜」っと言いたくなる

そうんな空気でした🇱🇰

 

本堂での〜んびりしていたら、

お昼食べられる?っと聞かれてびっくり‼️

 

思いがけずにスリランカご飯をいただけ

ちゃいました✨😍✨

 

 

もうどれも美味しい✨🙏✨🙏✨

 

 

しっかりデザートまで💗

 

お昼のお弁当が少なめでよかった。

 

もう幸せなため息出っ放し😆

 

食後はご住職からお寺のことや

スリランカのこと、

世間話も含めてたくさんお話を聞かせて

いただき、

私たちは心もお腹も幸せでたっぷり✨🙏✨

 

そして、昨年同様、、

 

今年も間違いなく楽しい一年になる!っと

確信できちゃった充実の1日でした😆🌈💗


インドと日本

スリランカと日本

 

またまたご縁をいただき、

ありがたい限りです💕

 

さて、確定申告にWebサイトに

整えなければいけない課題は

たくさんありますが、、、

 

これから先の明るい未来のために💗

 

今ここでできることを一個一個積み上げていくのみ🌈

 

明日からコツコツ頑張ろー!

  

茨城でスリランカを体感できる

スリサンブッダーローカ寺ヘの行き方はこちら↓

 

 

皆さまにも、心地よさが届きますように✨🌈💗

 

今日もありがとうございました😊

 

理恵

 

 

www.amagai-rie.com

満月の夜に

私の大切なお友達の一人が空に還りました。

 

私と同じ81年生まれ。

40歳と15日生きた彼は、

最期までそのカリスマ性を残したまま

旅立った。かっこよすぎてずるいです。

 

2014年のお正月明けに祖父を看取ったあと、

そのぽっかり空いた穴を埋めるように、

中断していたアーユルヴェーダの学びに取り掛かった私。

私が求める形はインドにあるっと

言葉やネガティヴな情報に

不安をいっぱい抱えたまま

その年の8月末にはインドへ向かった。

 

インドに到着して数日後、

SNSで彼が脳に腫瘍があって手術を受けることになったと知った。

 

出会った当初から風のように俊敏で

俺の人生は俺のものだ!って

良くも悪くも😂

みんなを魅了しながら生きてた人

 

こんな状況になるわずか1年ほど前に、

最近頭痛が取れないと聞いていた。

 

「医者はビタミンが足りてないって言うんで

ビタミン剤飲んでるけど何も変わらん」

 

と言う彼に、当時の私は

「仕事のしすぎだ。職場変えてまず休め」と、

それしか言えなかった。

 

そのわずか1年後くらいの話。

悔しかった、なんでMRI撮りに行けって気が回らなかったのか。

あの時に調べていたら少しは状況が違ったんじゃないか。

 

もっと強く言えばよかった。

また大切な人がいなくなる。

そんなの嫌だ!

一瞬にして色々な感情が走り回った。

 

「インドから帰ったら、すぐにいくから!」

とメッセージして、

「どうなるかわからんが、とりあえず受けてくるわ〜」と

終わった手術前の会話。

 

でも、術後は到底面会できる状態ではなかったらしく、

薬の副作用で嘔吐を繰り返し、

起き上がることもままならなかったと、

やっと会えたのは手術から1年後。

 

対面できた時、元気な時の姿との違いが

大きすぎて正直動揺してしまって、

それを隠すのに必死だった。

本人には見透かされていただろうけど。

 

せっかく会えたんだから、

いつも通りの会話しよう、

そう努めたけど、

病室を出た時思わず涙が溢れた。

動揺したまま、

当時いつも一緒に遊んでいた友達に

震えながら電話したのも覚えてる。

 

それほど、ショックだったんだ。

なんであいつがっと。

 

生きる希望も何もないわっと言う彼に

押し付けることはできないけど、

少しでも寄り添えることができればと思って

時々こっちの近況をメッセージしたり、

タイミングを待って何度か会いにも行けた。

 

大切な人に何かあると、

何ふり構わず全力投球してしまいがちだった私。

その分、何かできないかと葛藤もしたけど、

「それなりに色々試した、もうなんもする気ない」と言う

本人の言葉を受け止めて

「あいつの生命力を信じよう」っと

ちょっとづつちょっとづつ、

心が強くなっていった。

 

祖父を亡くした悲しみと

自責の念でいっぱいだった心が

徐々にほぐれていくのと同時進行だったような気がする。

 

祖父の「看取り」を経験したことで、

ずっと付き添ってお世話させてもらったとしても、

「あの時もっとこうしていれば」

「あの時感じたことをちゃんと医師に訴えていたら。。」と

いう思いは残ることをしっかり学んだ。

 

だから、感じたことに蓋をせずに

行動すると改めて決めた。

 

そして先日、

私は残りの人生悔いなく生きる!っと

本気で決めて、

あいつがいる土地の神様にお参りしてきたところ。。

 

直接そんなメッセージは送ってないし

お別れの知らせが来るなんて

まったく頭になかった

 

あくまでも自分への誓いとして行ったんだけど

届いたのかな?

 

獅子座の満月の夜に幕を閉じる

最期まで完璧なヤツだ

 

本人は「たまたまだろ」っと

言ってそうだけどね

 

まぁいいさ。

私はそう感じてるんだ。

 

それにね、あの満月の夜、

私は連日の作業がひと段落したことで

もう何もする気が起きなくて

 

部屋を片付けて

カチカチに固まった頭をほぐすため

足浴してたっぷりのオイルで

ヘッドとフットマッサージして

21:00前には

満月に吸い込まれるように

眠りについてた

 

きっとね、あいつとシンクロしてたんだと

思うんだよね。嬉しいわ、ありがとよ。

 

趣味も違えば

プレゼントを送り合う仲でもなく

年に数回メッセージのやりとりするくらい

だけど、ちゃんと繋がってる

 

共通点は自分に正直に

 

私たちは光り輝くライオンの子

お互い40を迎える年の始まりに

しっかり魂のバトンは受け取ったよ

これからは空からサポートよろしくね🤞

 

f:id:jnana-shri:20210131120024j:image

 

さて、地上に残された私たちは

健康で丈夫な肉体があるからこそ

たくさんのことを経験できる

いのち本来の喜びを味わうことができる

 

死ぬことを必要以上に怖がらず、

今ある命を、その可能性を最大限に引き出して

生きていこう。

 

そして、大切な人が亡くなった時、

しっかりと自分の足で立っていられる強さを持とう。

 

そのために、しっかり休んで、

愛情のあるご飯を食べて

きちんと体を動かして

たくさん笑う。

自分に愛を注ぐ。

 

ささやかな日々の繰り返しで

私たちの肉体はより健康に丈夫になっていく。

 

明日から2月。

季節の変わり目は思っている以上に

エネルギーが揺れ動いているものです。

 

思ってもみないことで

体調を崩しやすい時

 

この先の未来を楽しむため

 

神様からいただいた大切な肉体に

しっかり質の良いオイルを注いで

滋養を与えてあげましょうね

 

今日もありがとうございました💕

 素敵な日曜日をお過ごしください

理恵

 

www.amagai-rie.com

目覚めよ魂の表現者たち

さ、2021年が幕開けて初の満月がやってきましたよ!

 

皆さんにも、

ご自分の内側からいろんなメッセージが湧き上がってるのではないでしょうか。

 

今回は獅子座の満月なんですってね♪

個人的に、8月生まれの獅子座なもんでめっちゃウキウキしています💕💕💕

 

獅子座のテーマは、

「人生の主役は自分だということを知る」

 

3月3日の術後から、私はとことんこのテーマに向き合わされました。

 

長年抑え込んでいた反動と

魂の目覚めのダブルの効果で

 

日々たくさん沸いてくるメッセージを

一つ一つを受け取り、飲み込み、

アウトプットするのが本当に忙しい毎日です💦

 

 

さてさて、

獅子座のテーマ「人生の主役は自分」

と言うことは、

目の前の現実を創り出しているのは自分ということ。

 

私たちの人生は良くも悪くも

一瞬一瞬の「選択」で創られていて

その結果に一喜一憂しながら生きているのだけど

 

望まない結果がやってきたとき

誰かのせいにして自分から目を背けてしまいがち

 

だけど、選んだのは自分だから

誰かのせいにしない

自分を責めることもしない

 

しっかりその時の自分と向き合って

気持ちを味わって

消化して次への希望に変換していく

 

すべては自分の「選択」で決まるのだから

自分に誇れる道を選ぶ

 

生きたい世界があるなら

連れて行ってくれる誰かを待つのではなく

行くと決めて自分で一歩踏み出す

 

その先には必要な出会いが待っているし

心強いサポーターが現れるから大丈夫

 

自分の人生に責任を持って行動すれば

不平不満が出ることもなく

ストレスフリーで快適なの

 

私たちがこの世に生まれてきた意味は

いのち本来の喜びを味わうため

 

必死に自分を抑えて

誰かが求めるままに生きなくていいし

無意識に自分で作り上げた条件で

自分を縛り続けなくていい

 

どんな時でも

自分の気持ちをあとまわしにせず

 

自分や周りに遠慮して

生まれ持った感性を

小さく見積もることもやめていこう

 

失敗も成功もないこの世界

苦い経験も人間性が高まるための贈り物

 

ネガティブな思い出や感情を昇華するたび

私たちの魅力は増すばかり💕

 

年齢なんて所詮数字が変わるだけで

私たちの心は永遠に自由であることを忘れないでおこう

 

叶えたい未来のために

慣れないこともたくさんあるけれど

その作業の過程には喜びと楽しみがあふれてる

 

「自分を生きる」

そう決めた時から

私たちの人生は

再び拓かれていく

 

だから自分の可能性を信じて

自分の感性を愛して

魂の表現を存分に楽しもう♪

 

焦らずに

心のままに

足が向く方へ歩いていけば

すべての経験が愛おしさに変わるから💕🌈✨

 

一足先に、私は石垣の海で誓ってきたからね💕

  

f:id:jnana-shri:20210128223101j:plain

父や祖父のように、「背中で語れるくらいの人間になってやる」なーんて、

思いっきり男性思考で生きてた私がマジ愛おしい😂

尊敬する二人に少しは近づけたかな♪  

 たくさんの経験をくれた昔の私にありがとう💕 

 

 

 

獅子座の満月の夜、

お気に入りのアロマやお香を炊いて、

お好きなドリンク片手に

魂の声にそっと耳を傾けて過ごしてみてはいかがでしょう🌝

 

Have a good Meditation💕

 

理恵

Diya-Sanga

 

生まれもった「水の質」

 

ここ最近の私、

 

人生の6味

甘い 酸っぱい 塩っぱい 辛い 苦い 渋い

 


ぜーんぶ味わって消化して今まさに統合された

 


そんな感じ❣️

 

 

 

術後半年目の8月の約1ヶ月をファスティング期間に費やし、

しっかり細胞レベルから入れ替えをした私。

 

そして、力んだ心身を日常に戻しつつ、次の1年をどう生きるか、

ゆる〜く漂おうように過ごした9月を経て、

 

10月の新月からミラクルな私の旅がまた再始動し始めたわけですが、

またまた自分のルーツに関することがピタッとはまった感じです。

 

 

子どものころ、暦や気学を学んで習慣にしていた祖母から、

私の星は「一白水星」と聞いた。

 

漢字が読めるようになって、辞書を引くと

「川を流れる水のように、いろいろなものを吸収して、大器晩成型の人生のようです」っと書いてあった。

 

「大器晩成、遅咲き、、」

ふむふむ。まぁ、よくわからんけど、とりあえず、「水」なんだね。っと

散歩の度に川を眺め、物思いにふける子どもでした。

 

人生の中で幾度も、自分の苗字から先祖はどこからきたのか調べたり、

名前の漢字の成り立ちを調べたりすることがありました。

 

苗字に「海」のつく母と、「雨」のつく父が出会い結婚して、

一白水星の私が生まれる。

 

上手いことできてんな〜っと感心することも何度となくあった。

 

そして、昨年、母と母のアルバムを久々に眺め返して母方の先祖の話をしていた時、

 

母から

母方の曽祖母の旧姓は「雨」の「海」と書いて「あまがい 」であると聞いた。

 

思わず母に

「お母、ちゃんと帰ってきたんじゃん!おかえり。よかったね」っと

いう言葉が出た。

 

それを聞いて、ほっこり微笑んだ母の顔が仏様のように柔和な横顔だった💕

 

余談ですが、私の苗字「雨甲斐」は全国に200人くらいで、

数多くいらっしゃる「あまがい」さんの異形らしいです。

 

雨が似合う雨引観音でヨガをさせてもらえたご縁は、

空に帰ったじーちゃんからの導きだと思って感謝してきた私。

じーちゃんだけじゃなく、一度も会うことのなかった母方の祖母もその先の

ご先祖さまもしっかり私を導いてくれている。

 

昨日の朝、ふと「そういえば、うちのばーちゃんの旧姓も。。。」っと

ふわっと湧いて、改めて考えたら「澤」がついて、これまた「水」に関する漢字。

 

「もう〜〜〜、完璧やん!」っと嬉しくなった

 

「雨は私の守り神」っと思って感謝しながら生きてきたけど、

本当にそうだった❣️

 

私、ちゃんと魂のルーツを手繰り寄せてる。

ちゃんと繰り返してる。

そこに気づけてた今、「あ、私の魂、きっと消化するんだ」っと確信した

 

消化して、昇華する。

輪廻が完了する。

 

そのサインはバシバシやってきていて、毎日がハッピーな今🧡


もうここからはどこまでも高く飛べる

そんな気がしてならいのです❣️

 


なんせご先祖さまから、

しっかり受け継ぐ「水の質」と

「人と同じではない生き方」


どう考えても、とどまっていられないよね(笑)

 

一年前の今頃は、手術することへの不安・恐れと向き合って、

これはきっと、高く飛ぶための準備なんだとポジティブに切り替えて、

ワクワクしながらまずはインドへ向かった。


宇宙の流れが大きく変わった2020年、

3月3日という最高にタイミングで手術を受けさせてくれた

この身体に、細胞一つ一つに感謝した術後期間。


術後から時間が経てば経つほど、気づきの深さが増し、

2020年の後半は、感謝の想いがたくさん溢れた。

 

見守り導いてくれているご先祖様と家族に日々感謝し、

自分のこれまでの人生のすべての経験が

愛おしくて、涙が溢れた11月。

 

これから先の未来は明るい!っと叶えたい未来に向かって歩み出した。

 

この頃は心の変化が大きくて、

自分の女性らしさを垣間見るたびに

戸惑うことも多かった。

 

でも石垣島で女性らしく生き生きと暮らす素敵なみなさんと出会い、

そこで素直に可愛い、嬉しい、楽しいと心地よさを感じている私がいた。

 

「これが本当の私なんだな」とまた一つ気づけた。

 

こんなパーフェクトなタイミングで石垣島のこの真っ青な海を体感したとき、

 

「やっとここまできた。」

「ありがとう。ただいま」って

 

言葉では言い表すことができないほど

胸がいっぱいになって、自然と涙がこみ上げた。

 f:id:jnana-shri:20210127064537j:plain

 

辛く苦い経験から目をそらさずに一個一個、

自分に向き合ってきたから今がある。

 

いいことだけではなく、

苦い経験もすべては「自分」ていう人間が

完成するために与えられたギフトだって素直に思える。

 

私だけでなく、みんな生かさせてるし、

この地球という星を楽しむために自分で選んで生まれてきた。

 

小さなことでもいいから、

一つ乗り越えた自分に、

諦めなかった自分自身に

「ありがとう」って感謝しよう。

 

大きな課題をクリアしたら、

お疲れ様ってハグして

辛かった自分に笑顔でバイバイしよう♪

 

そこからあなたの新しいストーリーが始まるから🧡

 

たまに、自分のルーツを辿ってみると何か面白い発見があるかもね^^

 

今日も読んでくださってありがとうございます❣️

 

理恵

Diya-Sanga

 

 

 

光り輝く島

先日NHKの番組「世界はほしいモノにあふれてる」で取り上げられた

スリランカ

 

録画したものを早朝の静寂の中見てました^^

 

見逃してしまった方は再放送をチェック⬇︎

[NHK総合1・東京] 2021年01月19日 午前0:58 ~ 午前1:43 (45分)

深夜だから、、、録画でしょうかね。

 

 

 

スリランは2013年にここは行かねば!っと旅してきた私も大好きな国です💕

ちなみに、このブログの壁紙?に使用している写真はその時のものでした( •ॢ◡-ॢ)-♡

まさかここで繋がるとは!

 

地図上ではインドの右下に位置していて、「インドの涙」とも表現されることもあるみたいですよ✨

総面積は北海道よりちょっと小さい島国。

仏教徒が多く、お料理にモルディブフィッシュというかつお節に似た食材を使うなど、

日本人の私たちが親しみやすい要素を多々感じます^^

 

それと、東西南北の移動が何千キロというインド亜大陸に比べると、

その要素がぎゅっと凝縮されたスリランカという土地は旅人的にはありがたいです。

 

2009年まで内戦が続いてたようですが、終結してわずが4年後の2013年には

そんなこと感じられないほど、緑が溢れ、自然と寄り添い、

仏教の教えが暮らしに根付くとても懐かしい空気がありました。

空港の到着ロビーでは、お線香の香りが漂うなか、どーんと構える仏像さまが出迎えてくれて、思わず「ただいま」って気持ちになりました^^

 

内戦があるとか、デモや立ち入り禁止エリアがあるとか、一部のネガティブな情報で

その国や地域を「危ない」っと決めつけることは私は好まないです。

 

また逆も然り。

 

確かに女性が夜一人で出歩ける、落としたものが無事に帰ってくる、

そういった部分では安全と言えば安全。

だけど、毎日事件は起きているし、メディアに取り上げられることのない悲しい苦しい実状があるものです。

 

「人と問題は別のもの」

っとインド独立の父 マハトマ・ガンジー様も言っておられます。

 

人や地域の一部を見て、全体を決めつない。

祖父から学んだこの視点。

全体性を持って人、もの、ことに向かい合う姿勢はどんな時にも大切にしたいです💕

 

 

さ、私がなぜスリランカに行ったのか。

ですが、2013年の1月から春まで私は北海道のニセコ町スノーボード漬けの日々を送りました。

この1年は世間の常識捨てて思うがままに旅をするっと決めていたので

 (☝︎年齢とか関係ない、思い立った時が自分にとって最高の時と思っています)

 

雪のシーズンが終わって地元に戻り、最後のぶらり旅はどこにしようかと

まだ訪れていない東南アジアの見たい景色リストを集めていました。

 

ただ、ここもいいし、あっちもいいし、決め手にかける。

 

そんな時、美容室で髪を切りながら

並べられた雑誌をパラパラ飛ばし読みしていたら、、、心鷲掴みされる写真が。

 

私の心にビシ!っと刺さった風景。

それがシーギリヤロックを上空から写した見開きのページでした。

そして、ジャングルと一体化したホテル(๑✧◡✧๑)

 

f:id:jnana-shri:20210116101208j:plain

f:id:jnana-shri:20210116101042j:plain

Dambulla Hotel | Heritance Kandalama Hotel | Official Site


もうね、これ理想形!っと「自然と一体化」がテーマのジェフリー・バワ建築にも魅了されました(๑✧◡✧๑)

 

ヘリタンス・カンダマラに限らず、国内に点在するバワ建築のホテルはもちろん、

コロンボ市内に残るバワのご自宅も本当に素敵な空間でした。。。

回想しながらすでに行きたくなっている笑 

 

それまであったいくつかの候補地が一瞬にして消え去った瞬間を、

今でも覚えています💖

 

だってさ、広大に広がる緑のジャングルの中に、どかーんっと地上200mの岩山が

そびえ立っていて、その上に宮殿があったというではないですか!

 

f:id:jnana-shri:20210116100855j:plain



もう「天空の宮殿」とか、、、ラピュタ世代には心鷲掴みだと思うんですよね💘

 

「ここ絶対行く!」っと、もう思考も行動も全てスリランカへ一直線!

 

例の如く、潤沢な資金は特になくw

・費用は抑えるところは抑えて、いかに自分が見たい景色を見に行くか。

・ルートが決まったツアーではなく、自分でいろいろ開拓したい。

・ジャングルにあるホテルまで自力で行けるか?

・レンタカー借りて行くのは可能なのか?

・バスや電車など公共機関てどうなんだ?

 

現地に駐在している方のブログや旅ブログを参考に、頭の中でルートを

思い描く。

そんなことしてるうちに、

スリランカ ツアーを独自で開催している岩瀬幸代さんのブログに辿り着きました。

スリランカのアーユルヴェーダで、ほっ。 by岩瀬幸代

 

幸代さんはスリランカアーユルヴェーダ、旅行、健康をテーマに執筆活動される旅行作家さんです❣️

 

余談ですが、先日つくば市にあるスリランカ寺院スリ・サンブッダローカー寺院で居合わせた方がツアー会社の方で、なんと幸代さんとお友達、そして私が参加したツアーの現地手配をしてくださった会社の方でしたΣ('◉⌓◉') 

 

まさか茨城の田舎で出会うとは、、巡り合わせって本当に面白いですよね❣️

 

幸代さん考案の当時のツアー工程には、私が見たい景色、ホテルが一通り

スケジュールに組まれていたので現地でジョインすることに。

 

のんびりマイペースな旅を好む私には、パッケージツアーの7日間で帰国、

っというのはせかせかして終わってしまいそうだったので、

先に単独でスリランカに入国して、

ツアーには組み込まれていない私が行きたい場所を巡ったのです。

 

欲を言えば、1ヶ月はいたかったですね。

東海岸も気になるポイントではあったのですが、日数が足りなかった。

今思えば、自分に制限かけず欲したままに滞在すればよかった。

 

ここまでお読みいただくと、私という人間は本能のままに自由奔放に生きているように

感じられるかと思いますが、まだまだ無意識に社会の常識、自分への遠慮が癖づいています。

 

今は、そんな自分に気がつくと「これ、要らない遠慮だな。癖だな」っと

ぽいぽい手放していけてます^^

 

スリランカの10日間、もちろんシンハラ語は読めないし、看板の文字も

何書いてあるのかわからない。公共機関のバスや電車の乗り方もわからず、

現地の方にひたすら聞きながらの旅。

 

インドの旅もこうですが、ゲームに例えるならドラクエです。

(ゲーム自体はやったことないけどw)  

 

私の旅は汗と埃にまみれて、決して綺麗で優雅な旅ではないし、

一つ進んで、振り出しに戻ったり、効率悪く、女ひとり旅は面倒だなと感じることもありますが、

それも含めて何気ない現地の日常を体感するオリジナルの旅(๑✧◡✧๑)

 

自分の足で歩いた道のりは、愛おしい経験に変わりますね💕

 

インドとはまた違った瑞々しい空気が漂うスリランカ

おしゃれなアーユルヴェーダショップも、たくさん魅力的なアーユルヴェーダ施設もあるのですが、この時点ではアーユルヴェーダを知識として学ぶっというよりは、この土地の空気まるごと味わって、お買い物して、次に訪れることを楽しみにしながら帰国しました。

 

スリランカの南国らしい色づかいに心がワクワクしっぱなしです💛 

 

スリランカアーユルヴェーダ 情報は幸代さんのブログや、

姉弟子ゆみさんのサイトをのぞいて見てくださいね^^

 

感染症が蔓延していく今だからこそ、単なるダイエットや健康情報ではなく、

何千年も受け継がれてきた暮らし方が残る土地に人は還っていく、そんな時なんだと感じています^^

 

当時はまだブログなどしていなかったので、Facebookの投稿を添えておきます。

また行きたいな♪スリランカ❣️

 

今日も素敵な一日をお過ごしください💛

 

 

 

 

たまたま雑誌で目にしただけのホテルとシギリヤロックに惹きつけられたスリランカ。 いつもの「行けたらいいな」じゃなくて、ここは行っておかなくちゃ!となぜか感じた。 獅子座だからかなぁ~(・・?)) 国旗に獅子がいるし、シギリヤロックの入口...

雨甲斐 理恵さんの投稿 2013年10月15日火曜日

 

 

オンラインヨガ の参加方法

オンラインヨガに興味をお持ちいただきありがとうございます。

 

参加方法Q&A

Q:参加に必要なものはありますか?

A : まずはインターネット環境があることが大前提です。スマホタブレット・PC。

こちらのZoom公式サイトより「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロード。

スマホタブレットでご利用予定の方は「モバイルアプリ用」をダウンロードしてください。

 

Zoom自体は無料ですが、ダウンロードや視聴には通信費が発生しますので、ネット環境を

ご確認の上ダウンロード、クラス参加をお願いします。

 

Q : 支払いはどうすればいいですか?

A: 現段階では、銀行振込とPayPay、LINEpayになります。

 クレジットカード決済の準備が出来次第、ご案内いたします。

 

Q : Zoomで参加の際は、こちらのカメラもオンにした方が良いですか?

A : 初期設定は映らないようになっています。

      カメラをオンにした場合、他の参加者の方にも見えるのですが、

    「スピーカービュー」にして試聴されると話し手の私のみが画面に映るようになります。

  なので、ご自身のカメラのオンオフはお好きな方でご参加ください♪

 

  また、アーサナが始まる前に音声はミュートにしていただき、

       もしオンになっている場合はこちらでオフにさせていただきますので、ご了承ください。

 

 

<お願い事>

・オンライン上では皆さまの細かな表情まで目が届きにくいので、怪我のないよう当日のご自身の体調・心の様子に寄り添って無理のない範囲でご参加ください。

・ゆったりしたヨガですが、既往症があってご不安なときはお医者様の指導のものご参加ください。

・妊娠中の方の参加はご遠慮いただいております。