在り方のエッセンス

インドに飛び込み体験、体感し得たものは、本当の自分に帰る知恵。

2019年最後の寺ヨガ

冷たい風が強い日中でしたがお越しくださった皆様ありがとうございました!

 

年の最後にと思っていても、予定通りに「今日」が進むことは

簡単なようで簡単ではないなかお会いできたことに

感謝しています^^

 

前回は「人間とは何か、ヨガをする意味ってなんだろう」

そんなことをざっくりとお話させてもらってからヨガをしました。

 

今日はお知らせなどをお話をさせていただく中で、

 

スピリチュアルケアについてのこと、臨床宗教師という存在のこと、

お寺でヨガをする想いも少しさせていただきました。

 

「生きるとは何か、死ぬとは何か」

 

私の中で、生と死は一つで、自然界の花や草木が枯れて、また来年花をつけるように

人の命(肉体)に永遠はなく、「寿命」がある。それゆえにどう生きるかが大切なのだろうと、なんとなく子どもの頃に感じたままにきました。

 

お寺でヨガをすることは、特別感の演出やレジャー施設のような感覚ではなく、

暮らしとお寺(宗教)は密接なことを感じてもらえたらいいなと思うのが一つです。

 

なぜこんなに離れてしまったのだろう。

もっと気軽にお寺でお坊さんのお話とか聞けたら、

悩む人も少なくなるのに

 

そんな風にどんどん疎遠になっていく宗教観に違和感を感じてました。

 

僧侶が医師であった時代、シャーマンがそれを担っている地域も世界にはある。

それがきっと自然なあり方で、現代医学は現代医学で上手に使えればいいのに

なぜ融合できないのか。

 

世の中を俯瞰し、こんなことを考えるのは、きっと自分の生い立ちが関係していますが、これはきっとお役目なのだと思います。

 

育ちながらに身についてきたもの、体験はかけがえのない財産で

これから残りの人生にそれを生かしつつたくさんの人のお役に立っていけるよう

邁進したいなーと思いました!

 

https://www.instagram.com/p/B6Z_mtOhaio/

冬至の昨日、今年最後の雨引観音さまでのヨガでした🧘‍♀️日中は冷たい風が強めでしたけど、ヨガが終わって外に出ると雨がシトシト降って、みずみずしさが境内に満ちていました✨

昨日は私がお寺でヨガをする想いから、場の流れでなぜヨガの道に進んだのかなど少し語らせていただきました☺️ちょっとね、私のヨガの入り方って変わってるんです。それはいわゆる「運命的な出会いが✨」とかではなく、確たるものがあって答え合わせしにいった感じ。この辺はブログやお話会などでお伝えしようと思いますが、そんなお話とヨガアーサナの3時間はいつも通りあっという間に過ぎてしまいました。

・怪我から復帰された方との再会や、リピーターさまも「ほんとに2、3時間って言う時間の感覚がないのが不思議なんだよな〜」とキツネに摘まれたような感じでしたけど、帰りの足取りは軽やかでこちらも清々しい気持ちもさせてもらえました☺️・たまたま祖父と最後に紅葉を見にきたお寺である雨引観音さま。安産祈願のお寺と言う認識はあったけど、無礼ながら格式が高いとかその辺はまったく知らずでした。私にとってアピールのための格式とかはあまり重要ではなく、「心が向いた」そこの方が重要なんですが、ここにご縁をいただけたことはとても有り難く感謝しています☺️・昨年インドから帰ってきて、なんとなく足が向いて「ここでヨガしたら気持ちよさそう」そう思ったらできちゃった。

・ご縁を繋いでくださった @motoya_hirama さん、これまでなにかのご縁でわたしのヨガに参加くださった方、快く場を使わせてくださるお寺の皆さまにも心から感謝します😊・次回の雨引観音さまでのヨガは、年明け1月26日です。スペシャル企画! @kashimawala さんのご飯付きです🇮🇳定員がございますので、ご予約がまだの方はなるべくお早目にお申込みください😊

・2月はインドに向かうため、お寺ヨガはお休みとなりますが、来年もどうぞよろしくお願いします🇯🇵😄🇮🇳 #寺ヨガ #雨引観音 #南インドご飯 #スペシャル企画 #はじまりのヨガ #アーユルヴェーダ