在り方のエッセンス

インドに飛び込み体験、体感し得たものは、本当の自分に帰る知恵。

スキンシップの朝

今朝のこと。

 

ぴょんと跳ねた甥っ子の寝癖が気になって

直している間、 

ふと目を落とし先の足裏が気になり触れてみる。

 

イボみたいなものが2個くらいあって、痛くないのー?

と話しかけながらすりすりと撫でたり、揉んでみたり、

 

そのままキッチンからセサミオイルを持ってきて

じっくり足裏マッサージを開始(笑)

 

自分の足もそうだけど、触れ出すとついつい止まらなくなっちゃう。

 

この2ヶ月、全然触れることができなかったのもあって、

時間の許す限りすりすりモミモミ。

 

マッサージ好きの甥っ子1号は、ゲームを持つ手を止めたりしないけど

同じくマッサージをやめてくれとも言わない。

 

頭頂部あたりにもポンと軽くオイルを置いて、

両耳の内と外にもポンポン置いて。

 

たっぷりオイルをつけてから、しまった敷くものがないぞ!と気づき、

自分の足を敷物にしてマッサージは続行。

 

これなら、私の足にもオイルが浸透して行くし、一石二鳥ってやつだ♪

 

https://www.instagram.com/p/CAcyumBBmVE/

Login • Instagram

久々の甥っ子とのスキンシップは、こんな感じであっというまに1時間は

経過してました。

 

ここ数日、パソコン作業が続き、天候の悪さも手伝って関節が痛んだり

していた私ですが、甥っ子をマッサージしながら自分の体もほぐれて行くのを

実感❤︎

 

無意識のうちに、細胞同士がシンクロしている感じ。

そうそう、マッサージを施すのが好きなのってこれなんだよね〜♪

っと思い出しました。

 

甥っ子は4人いるけど、抱っこした時間が長い1号とは

何か通じるものがあって、よくスキンシップはとる方なのだけど、

術後の2ヶ月はまるでできなかった。

 

甥っ子を思いっきりハグしたのは手術から1週間後の3月11日。

 

急に学校がお休みになり、ぽつんと一人でテレビを眺めてる甥っ子を

見て思わず両手を広げた。

 

そしたら、にか!っと笑って、まるで仔犬が飛び込んでくるように

これでもかってほど身体をゴロゴロすりすり、すり寄せてきた(笑)

 

寂しいよね、つまんないよねと声をかけると

「う〜ん?」っと誤魔化すような顔したけど、

温もりが足りていないのは間違いなかった。

 

で、私この数時間後に40度近い熱を出し寝込むことになり、

それからの私はいつも大体不機嫌で、テレビ自体を体が拒否していたのもあり

YouTubeに釘付けで過ごす甥っ子にもイライラ。

 

外に連れ出そうにも、それができないことにも

無意識にストレスを感じていたのかもしれない。

 

自分の体と向き合う時間を大切にしようと

なるべく静かにいたい私と、騒騒しい家の中。

 

感情のリリースができずにストレスは溜まる一方。 

 

やさしく悟すような接し方がまるでできなくて

厳しくあたってしまう自分が嫌だった。

 

そして術後2ヶ月が過ぎ、ヨガを再開し、

徐々に体に負荷をかけることを始めた5月上旬。

 

甥っ子(次男の方)から「りーちゃん散歩行くよ」と、

半ば強制で散歩に駆り出された。

 

お兄ちゃんの方はゲームに夢中で、あまり外に出たがらないのだけど、

この日は珍しくついてきた。

 

f:id:jnana-shri:20200521194801j:image

 リードから解放されたワンコのよう(笑)

 

田んぼ道を元気いっぱい走り回る二人をみて、

やっとここまで来れた(回復)〜と嬉しくなった。

 

散々走り回った帰り道の出来事。

お兄ちゃんの1号が走った先から私の方に戻ってきて、

飛びついてきた!

 

これには一瞬、戸惑ってしまった。

 

なぜなら、2ヶ月の間、感情を制御できなかった私は

人一倍顔色見ちゃう1号に対して

散々怖い顔を見せてしまっていて

 

「埋まらない傷を作ってしまっている」と自負はあり

時々、スキンシップを図ろうとマッサージする?と

聞いても、首を縦に振ることはなかった。

 

「そりゃそうだよね、ヤダよね。仕方ないか」っと

気持ちを切り替えてはいたのだけど、

どうやらそれは勝手な思い込みであったかも。

 

 

あくまで私の解釈だけど、甥っ子たちはいつもと様子が違う私を

励ましたくていた部分もあって騒いだりして、

マッサージを拒否したのも、まだ全快ではない私の体調を

案じてくれていたのかもしれない。

 

1号が抱きついてくる前、

まっすぐな瞳と凛々しい表情で

「俺、リーちゃんと一緒に走りたい」っと

素直な心の声を聞かせてくれた

 

「うわぁ〜この子こんな顔するんだ」と驚いた。

 

流石にまだダッシュはきついな。。。と謝って、

「よーい、ドン!」の掛け声とともに颯爽と走っていった1号。

 

そして、走った先から、一瞬両腕を広げる私の仕草を見て

全力で逆走して私の胸に飛び込んできてくれたのだ。

 

(ハグするつもりでいたわけじゃないから、余計に私は面食らったんだけどね。)

 

もしかしたら、この日1号が散歩についてきたのは

「りーちゃんは元気になった」と確認の意味もあったのかもしれない。

 

なんとも立派な甥っ子です。頭が下がる想いですm(_ _)m 

 

こんな事もあり、たくさんスキンシップをとった今日は

隣で音読する私の存在を煙たがる事もなく、

 

時にゲームする手を止めて、音読する私の声に耳を傾けてくれたり、

「見て見てー」っとゲームの内容を私に解説してくれたり、

終始穏やかな1日でした^^

 

 

 

オイルがなくても、

タオルや敷物の準備がなくても、

足裏マッサージはじめ、スキンシップはいつでも

できるもの。

 

家族との時間にもオススメだけど、

まずは自分の肌に触れてみることしてみませんか♪

 

きっと、いいことありますよ^^

 

また長くなってしまったけど、

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

理恵

 

 

Diya-Sanga

オンラインヨガ

LINE Add Friend