在り方のエッセンス

インドに飛び込み体験、体感し得たものは、本当の自分に帰る知恵。

久々の術後日記

3月3日に子宮頸部円錐切除術という手術を受けた私ですが、

絶対安静期間の2ヶ月、これでもかと自分と向き合い、

自分の体・心を丁寧に扱うとはこういうことかと、

あらゆる瞬間瞬間で気づかされてきました。

 

丁寧に丁寧に、

焦らない焦らない

今は神様がくれた休養の時間

とことん家族に甘えていい

大丈夫大丈夫

そう毎日言い聞かせていました。

 

そして、術後半年の夏にファスティグ(断食)して、手術前後で取り入れたものを総入れ替えして、体が生き生きしてきたぞー!!!っと徐々に日常に戻ってきた9月10月。

 

また仕事のばかり考えてる私がいました。

 

「ちょっと待てよ。何か忘れている。」っと仕事以外のことで、

私は10月中に何かやらないといけないことがあるはず、、っと

カレンダーをひっくり返すとやはり「3ヶ月検診」のタイミングでした。

 

1日1日の自分の心を見ながら動いていると、ちゃんと体が教えてくれるんですね、

「今はそっちじゃないよ」って。

 

先週結果を聞きに行き大号泣した私です。

 

祖父を看取った病院で、とても優しい先生と引き合わせてくれたのも、

ぜーんぶ祖父の導きだと改めて感謝の思いが溢れて泣きました。

 

やはりいつでも見守ってくれているご先祖さまに感謝ですね。