自分と繋がり いのち本来の喜びを生きる Rieのブログ

インドに飛び込み体験、体感し得たものは、本当の自分に帰る知恵。

アーユルヴェーダ WSのお知らせ<9月21日>

9月21日小山市にあるヨガスタジオLight Hope さんにて

アーユルヴェーダ とヨガのワークショップを担当させて頂きます。

 

こちらは以前スタジオロータスとして運営されていた場所で、

私がインドから帰ってきて、お友達が繋いでくれて初めてクラスを担当させていただいたところ。

 

現在はオーナー吉田千景さんが運営されています^^

 

当日はアーユルヴェーダとヨガと2部制になっております。

アーユルヴェーダがまるっきり初めての方にも、

シュリカリのヨガが初めての方にも「自分を感じる」ということを、

少しでも体感いただき、日常にお持ち帰りいただけるよう努めます^^

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<ご予約・詳細はこちら>

9/21(祝) 10:30~12:30
自分を知る
アーユルヴェーダWS
https://reserva.be/light/reserve?mode=event&evt_no=50eJwzNLewMDQDAARfAUA&evt_sub_no=16eJwzBAAAMgAy&evt_date=2020-09-21

 

9/21(祝) 13:00~14:30
シンプルヨガ
シュリカリアシュラムでの伝統的ヨガ」を体験する
https://reserva.be/light/reserve?mode=event&evt_no=57eJwzNLewMDIHAARiAUI&evt_sub_no=16eJwzBAAAMgAy&evt_date=2020-09-21

「動く」だけではないヨガ
ヨガの歴史の根底にある
座学と伝統ヨガ
普段は触れる機会の少ない講座です

 

開催場所:

〒323-0812
栃木県小山市土塔222-15
スタジオ Light Hope
0285-36-3701

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

シュリカリのヨガをお伝えしているのは、北関東ではおそらく?私だけ笑

マイナーですが、しっかりと軸のあるシュリカリのシンプルなヨガを90分でしっかり

体感していただけます。

自然の流れに争わず、自分とも闘わない。

自分の弱さもしっかり抱きしめて、内観して、本当の強さを育てていく。

リラックスがベースですが、きっと深いくつろぎを味わっていただけると思います^^

 

何年振りでしょうか。顔見知りの方もいらっしゃるのかな。

 

たくさんの方にお会いできますように。どうぞよろしくお願いします^^

 

理恵

つくばでシュリカリ のヨガ

さて、活動報告第2弾です。

8月29日の土曜日は久々につくば市でヨガクラスしてきました。

 

天久保にあるTsukubaPlaceLab。ここは堀下恭平くんを筆頭にジャンル問わず、

たくさんの方が集い、新しい何かを発信している空間です。

2年ぶり?くらいにお邪魔させていただきました。

 

このクラスを企画してくださったとも整骨院のとも先生との出会いもここでしたね。

懐かしい。

 

人間を包括的に診るアーユルヴェーダ と、とも先生が学ぶ「構造医学」はとても似ている。

感覚を大切に診ている古代人と物理の観点から数値的にみるかの違いですが、知れば知るほど科学でも立証できる(裏づけができる)部分がとても多いのがアーユルヴェーダ中医学という東洋医学です。

 

私も8月中に3日間のファスティング(断食)を取り入れたのですが、数値的ではなくまずは自分がやってみていいものをゆるく長く続けてきたことが、科学的にも良いと裏づけされているとたくさんの発見がありました。これについてはまた別途書きましょう。

 

話を戻して、なぜとも先生が患者さんにもこのヨガを受けて欲しいと思ったか。

都内でお仕事をされている頃から、ヨガをしたら腰が痛くなった、肩が痛くなったと

患者さんが多く、「なぜ体にいいものなのに、体を痛めるのか」不思議に思っていたそうです。

 

そして、私が学んできたシュリカリのヨガやアーユルヴェーダ をしって、なるほどと腑に落ちたそう。頭を使いすぎて、自分を感じることを忘れてしまいがちの日常。

「自分を身体で感じてもらいたい。」

その想いから、今回のヨガクラスを企画してくださいました。

 

今流行っているヨガは、心ありきではなく「体」があって心がある、そんな感じです。

「痩せるヨガ、ダイエット」と書けば商品になる。エクササイズとしてヨガが普及したのは

こんな背景があるからでしょう。

 

でも、それをすることで無意識に「今」の自分を否定し、「もっと頑張らない」「おシャレにならない」と無理をする。すると、本来の自分の軸からどんどん離れて行ってしまうもの。

 

アーユルヴェーダの病気の始まりにまず1つ目に、「神の存在から離れたことが病気の始まり」と一説があります。

生まれ持った「自分」という存在も神様と同じように貴重なものなのに、外側の誰か、誰かが作った「理想のスタイル」「標準値」と比べて否定し、本来の自分軸から離れることは、神様から離れていくのと同じこと。

 

いつも外側から情報や刺激を受け取る私たちですが、取り過ぎも良くないし、取りっぱなしも良くありません。

 

食べたら、よく噛んで、飲み込んで、消化・代謝された後、不要になったものは「排出」します。要らなくなったものは出さないと、便秘になって肌があれ、不調が全身に回りますよね。

 

情報や刺激も同じことで、永遠と見続けられるように便利に組みまれた動画サイトやテレビなど。パソコンで調べ物しているとついつい別のことも気になり、ネットサーフィンが始まってしまう。こんなこともありますよね。

 

それではどんどん自分の内側を観察することから離れてしまう。

これが毒。もっと自分を感じて、自分を知ってあげないと、お母さんのお腹の中で命が始まってから、ずっと一緒にいる本当の自分自身が置いてけぼりです。

 

アーユルヴェーダ やヨガの目的はここにあります。

痩せるためのヨガではなく、本当の自分を生きるためのヨガやアーユルヴェーダ

 

参加くださった方から、「探していたヨガがここにありました」と感想をいただき、嬉しく思います。

 

来月は9月26日になります。

時間が早まり18:30開始の予定ですが、詳細はまた後日記載します。

 

皆様にとって、8月はどんな月でしたか?

食べたものを振り返り、ノートに書いて見たり、日々感じたこと、やろうと思ってとりかかれなかったこと、置き去りにしてしまったものはありませんか?

 

心地よく9月スタートできるよう、また2日は満月でもありますし、

ちょっと振り返って見てるのもいいですね^^

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

理恵

 

 

 

 

ヨガと南インドご飯の会

延期していた「ヨガと南インドご飯」を開催します。

今回のつくば市小田にある居心地の良い空間
小さな街の駅「TAMARIBAR」さん2階の和室を使わせていただきます。


そして、2月のインド旅中、カヌール現地で購入してきたお米を
鹿島ワーラーに美味しいご飯へ変換していただきます☆

 

f:id:jnana-shri:20200831101824j:image

写真はオーナムというケララの収穫祭特別なお食事。サッディヤと言われるものですが参考までに載せておきますね☺️

 

 

感染症の予防とスペースの限りもあり、少人数の募集です。
なので、参加ご希望の方は早めの参加表明をお願いします^^
また興味ありそうなお友達がいらしたら、ぜひご一緒に参加ください☆

 

 

また、会場となるTAMARIBARさんも感染予防の対策もしっかりされていらっしゃるので、ご安心してお越しください。

1階では、美味しいコーヒ、冷やし甘酒、スコーンやグルテンフリーの手作りお菓子、和菓子なども購入いただけます。
ご飯を食べてヨガをして、その後に一服してから帰られるのもいいですね💕

 

<詳細>
日時:
9月13日(日)
ご飯 11:30〜
ヨガ 13:30ごろから90分

場所:〒300-4223 茨城県つくば市小田3094−2

料金:ヨガ&ご飯(10名)・・・5000円 
   ご飯のみ(5名)・・・2500円

ヨガに参加される方のお持ち物
・ヨガマット(和室なのでなくてもヨガできます)
・タオル
・飲み物


申込方法:
予約サイトよりお申し込みをお願いします。(締め切り9/12(土))

 

reserva.be

季節の変わり目は丁寧に

こんにちは^^

理恵です。

「季節の変わり目を丁寧に過ごす」こと、LINEにて配信しておりました。

 

めっきり空気も秋モードになりました。

秋は夏に溜まった熱が吹き出して発疹が出やすくなったり、夏に冷たいものを取りすぎて、大切な「消化の力」も弱まり、胃腸が元気をなくしていたりします。

「食欲の秋」とも言われますが、楽しく美味しく頂けるように、ここで一度「胃腸」を休めることがポイントです(にこ)

スーパーに並ぶお野菜の顔も、徐々に秋モードに変わっていきます。食べるものを、ズバッ!と夏から秋に変えるのではなく、夏のものから秋のものを徐々に増やして行くことが良いとされています。

 

アーユルヴェーダ は異国のものではなく、昔から身近にあるおばあちゃんの知恵袋。マクロビオティック(日本発祥)と同じように、季節のもの、自分が住む土地のものを食べることが良いと記されています。そして、食べ物にも「陰と陽」があって、体を冷やすもの、温めるものという考え方も同じ。


「何をどのくらい、どうやって食べるか」がポイントとなります。

食べ合わせが悪かったり、食べすぎていたりすると、アーユルヴェーダ では「アーマ」という毒素が溜まっていくと考えられています。

このアーマを細胞から体外に排出しやすくするために、日々のオイルマッサージをオススメしています^^

 

さて、ここで、ご自身のアーマの蓄積度チェック

・最近疲れやすい
・寝起き・寝つきが悪い
・元気が出ない
・思考が落ち着かない
・くよくよ、鬱々しがち
・風邪をひきやすい
・朝起きて舌が白い
・便秘がち
・便が水に沈む

何か当てはまる項目はありますか?
少しでも当てはまったら、食べたものが消化しきれずに溜まっている可能性があります🌀

 

でも、焦らずに^^

そんな時は、一食抜いてみたり、週末断食してみるといいですよ◎
「断食」と言っても急に食べることをピタリと止めるのではなく、ここでも「徐々に」が鍵になります。

月曜日から金曜日までお勤めされている方なら、金曜日の朝・昼に野菜や海藻類多めの食事をとって、夕食はお粥や麺類の消化しやすいものを食べる。
土曜日、固形物を避けて液状のもののみ摂取して、消化器官を休ませる。白湯や酵素ドリンクもいいです。
日曜日はお粥からスタートして、徐々に通常のご飯に戻していく。

 

 

固形物を取らないと、消化に使われる酵素が全て代謝に使われます。

代謝が良くなると排出する力も増えていく。

すると、溜まっていたアーマがどんどん出ていきやすくなり、吹き出物が出たりします。

ここで慌てずに、「あ、排出してくれてるんだ」っと、ワクワクしながらご自身の変化を観察しましょう^^

 

私は食べ過ぎた時、体の巡りが悪いと感じた時は食べない、または夜をお粥、おじやにして6時、遅くとも9時以降は白湯のみ。ということを20代から取り入れてました。

そして、気がついたら新月のタイミングで体が勝手に負担になるものを選ばなくなっていました😳

負担になるものというのは、中毒性、依存性が高いもの。カフェインやチョコや甘すぎるもの、アルコールやデジタルなもの(スマホも必要最低限、パソコンもテレビも)。

そして新月を迎えると、すっきり心身ともにクリアになる感覚を覚えます。

日々、不要にとり過ぎた情報(食べ物も含め)を月に一度排出することで、毎月健やかに過ごしていける。

ご自身の食習慣を観察して、引き算しやすいものから引いてみてはいかがでしょか。

 

自然との調和はいつもでも、何歳からでも元気を引き出してくれます。

きっといいことありますよ💛


明日は、つくば市天久保にて夜ヨガWSがあります。お時間ある方、お待ちしております。

 

日時
8/28(土)19時〜21時30分
※途中退出あり
場所
参加料金
3,300(現金もしくはPayPay)
※現金の場合は、お釣りが無い様に用意して下さると助かります。

学び合う楽しさ

すっかりブログの更新が止まっていました!

 

長引き梅雨が気持ちもどんよりさせてくれますね。。

 

気分も停滞する中、私は6月下旬よりヨガのお師匠からオンラインで学びを深めています。

 

ヨガの観点からの現代の心理学、古代から精神哲学を行ったり来たり、耳で聞き、必死にノートに書きとるという昔ながらの学びのスタイルです。

 

パソコンで打ち込むのもありですが、自分の思いを書き出すのと、音を聞いて手が動き出すのとではスピードが全然違って、私の場合は鉛筆で筆記した方が断然早いです😅

 

毎週1時間半〜2時間ほど、聞き慣れない単語、日本語を聞き、過去に聞いた話を記憶やノートから引っ張り出して、咀嚼して、自分に落とし込む。

 

そんなこんなしてたら、あっという間に7月も半ばでした(笑)

 

と言っても、6/21、26日と雨引観音さまでヨガをして、久しぶりの再会の嬉しさ、新しい出会いの有り難さを感じておりました☺️

 

外出自粛が解禁された初の週末6/21は、お寺の駐車場も境内も満杯でした。あの混みようには驚きましたね。7/12も混みましたが、6/21のほうが凄かったです。

 

f:id:jnana-shri:20200715140518j:plain

あじさい祭りも12日まででした。

f:id:jnana-shri:20200715140523j:plain

小学生のお二人もしっかりヨガに取り組んでくれました。感謝💛

 

6月26日は小さなお友達も参加してくださって、伸び伸びとヨガをしてくれました。

自宅に帰られてたからも、一人でヨガをしてくれてるみたいです☺️嬉しい限り✨

 

幼少期からどんな時も自分の軸に帰ってこれる術を身につけておけることは、人生においてとても有益なことと思います。

頭で考えるのではなくて、心と体で身につけていく。それが本来の学び、知恵です。

 

先日参加してくれた6歳の甥っ子も、「少しだけやってみる」と最初の触りだけやって帰るのかなと思っていたところ、しっかり最後までヨガをして帰って行きました。

 

見よう見真似で、間違うことを恐れずに、恥ずかしいもなく、ただ純粋に自分の好奇心の向くままの姿に、私も学ばせていただきました☺️

 

大人になると無意識に外側の付加価値から内容を判別したりするけど、彼にとっては「お寺だから」とか場を選んだわけじゃなく、大人に交じって、純粋にヨガを体験してみた。与えられる「満足感」より自分の「やってみたい」に正直に従っただけ。

 

それでいいんだよね。うんうん。

 

私はお寺というものが特別なのではなく、あの調和のとれた空間は私たちの中にもあることを体感してもらいたくてあの場をお借りしています。

 

コスパがどうとか、格が上がるとか箔がつくとか、そんな概念はまったくないんですよね。

 

そんな目線で人や物事を選ぶ生き方はしてきてない。

節約はするけど、ディスカウントして人や物事は見てないよ。

 

祖父との思い出の一つがあのお寺という始まりはあるけど、悲観的に思い出にしがみついてる訳ではない。ここでご縁があり、振り返ったら「あれ?これはじーちゃんの導きなんじゃないか?」と感謝の想いで続いているし、何より自分が心地いい。

 

過去に生きてるのではなく、ここから作り上げたい未来があるから、

自分の心・足が向く方へ葛藤しながらもマイペースに歩むだけです。

 

そんなお寺での雰囲気を写真に収めていただきました。

出来上がり次第websiteのトップページにあげる予定ですので、お楽しみに😄

 

撮影してくださったのは、ヨガに参加くださっている野中さん。

女性らしいやわらなか写真を撮ってくださいますよ✨

Home | フォトライター野中典子

 

どんな写真が出来上がってくるのか楽しみです♪

 

そして翌日13日はベビーマッサージ講師の利穂さん宅へ出張ヨガ

 

初めて参加してくれたから「心から気持ちよかった」と感想いただき、

こちらも心から嬉しくなりました☺️

 

日常の「役割」を一旦下ろして、何者でもない「個」としてのご自身を、

身体の柔軟とは別の次元を味わってもらう時間。

 呼吸が調えば、心も体も調います。

 

少しでも体に残っているといいなぁと思いながら、
夜は自分が学ぶ側のオンライン講座で、

昨日14日は自宅でアーユルヴェーダ1day講座でした!

 

天気のぐずつきに引っ張られ先週は停滞してましたけど、

自然界が梅雨明けに向かって行くように一気に私自身もまた動き出した感じです😂

 

アーユルヴェーダ 講座を受けてくれたのは、共にインドを楽しんだともみさん♪

 

インドに行く前と後では、「暮らしのアーユルヴェーダ 」を読む目が違っている!!!っとご自身に驚かれていた☺️

 

そして今、バガヴァンのオンライン講座も受けてくれている彼女との内容の濃い講座の様子は、次の投稿にいたしましょうかね。

 

動き回ることが全てじゃない。

一見動かずに見えていても、その日常の中には学びがいっぱい詰まっている。

そこに気づくか、放り出してしまうかで人生の深みはだいぶ違ってくるな

っとつくづく感じる数日でした。

 

さぁ、自分が望む未来へ歩き出そう♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

Diya-Sanga  理恵

 

website: プロフィールや活動内容をまとめてあります。

https://www.amagai-rie.com

 

LINE: 友達登録いただくと、お問い合わせ、質問など

一対一のコミュニケーションに使えます。 

https://line.me/R/ti/p/%40qqn2016s

 

Facebook:イベント参加などがしやすくなります。

https://www.facebook.com/healingroomjnana/

 

 

 

梅雨のはじまり

昨日はスキンシップ推進委員会で共に活動させていただいてる

利穂さんのお宅で出張ヨガをさせてもらいました。

 

風が抜けるリビングで、みんなで大の字になって自分を解放する午後のひととき。

 

子供の頃は「大の字」になって寝ていたのに、

大人になるにつれてしなくなる。

 

私はもうすぐ40になりますけど、10代、20代、30代と

生活の中でふと「なんか巡り悪いな」と感じると、逆立ちしてみたり、

大の字になって眠ったりを取り入れていました。

(こんな様子を見て母はあんたの感覚わかんないっと言ってましたけど笑)

 

私のヨガは、マットに収まるようにではなく、

ヨガマットの存在すら忘れて行くようなスタイルです。

 

手足を大きく開いて、自分自身を解放していく。

 

大体の方が「最近、大の字なんてしてなーーーーい!」っとハッとされるんです^^

 

生まれた頃に帰って、ありのままの状態でいる。

それだけですごく気持ちいいんだっと体感いただけるのが私の喜び♪

 

たくさん話して、私も心地いい疲れを感じて帰宅したのですが、

どうやら風を浴び過ぎた模様。

 

心が決まる前に急いでメールの返信したことに、なんだかモヤモヤ。

やはり良くなかったかなと自分いじめが始まりました。(これ私の要らぬ癖)

 

そして、今朝。

重だるい目覚めで始まり、

「あれとこれとあっちと」パソコンに向かって色々とやりたいことで出てくる。

やりたいことというより、この時点では「急でやらねば」という気持ちが

強かったかなと後になってわかりました。 

(無意識に自分を急かしていた) 

 

なんとなく、これ前向きさに欠ける。

気分が乗ってないぞ。

 

そんな時ほど、私は掃除します。

 

窓を開けて、掃除機かけて、

時に表の様子を見て

「雲の流れ早いなー」

「風向きがせわしないな」

「灰色の雲がいっぱいだな」

「葉っぱの擦れる音が心地いいなー」

と観察しながら

 

「そうだそうだ、梅雨の始まりだ。」

 

といまの全体的な状況に気づく。

 

 

そして、「よし、考えるのやめよ。強制一時停止だ。」と

洗面所に向かいオイルを手に取り、ヘッドマッサージ開始。

もう意図的に思考停止に持って行きました笑

 

今朝のラジオで今年の梅雨はシトシト雨より
サッと降って止んではまた降るそんな感じみたいですと聞きました。


この強目の風といいと、ザッと降って止む雨。

グレーな空色といい、なんかカヌールっぽくて、

「トリートメントの時期がきたなー」っとワクワクします♪

 

朝からオイルたっぷりのヘッドマッサージをして、

ついでに自家製トゥルシー パウダー&ごま油でフェイスパック!

乾いた皮膚にオイルはトクトクと染み込み、その体感も面白いのだけど、

オイルが染み込むごとに気持ちも穏やかになっていく。

 

美容とかアンチエイジングとかじゃなくて、

この感じが楽しくて、それだけで続けてるようなもんです。


「風は軽い⇆油は重い」相反するものが調和を作り出してくれる。

手足にもオイルを塗って、ゆったりヨガをするとコレまたいい時間となるんです。

古代の知恵が詰まったアーユルヴェーダ

医学でもあるし、人間を知る学問でもあるアーユルヴェーダ

こう聞くと小難しいと感じるかもしれない。

 

でも、言い換えれば日本にも根付く「お婆ちゃん知恵袋」なんです。

全然難しいことはなく、とてもシンプル。

 

お料理が好きな方であれば、「台所が薬局」となるし、

「手当て」一つとっても特別な薬がなくてもできるもの。


私の祖父母は農家に畜産に商店に、いろいろな仕事をしながら

生きてきました。同じ土地にずっと住んで同じを空を毎日観察してきた

祖父の目はテレビの天気予報より正確でした。

 

何気無いごく普通の暮らしの中で、

物事の根本にある自然界と自分のつながり、

命のつながり、そう言ったものを大切だ感じる感性を養えたことは

祖父母の存在なしには体験できなかったこと。

 

祖父母もまたご先祖さまや、自分の体験、人とのつながりの中で

培った知恵なのだと思いますが、

 

これが私のアーユルヴェーダ・ヨガの原点です。

 

そう思うと、特別なものでも、おしゃれなものないでしょう?

普段の暮らしの中にある、土の匂いがするような、そんな温もりある知恵袋♪

 

 

自分を生きていく上で、本当に大切なことほど

シンプルで、シンプルがだからこそ見過ごしてしまう。

 

そのシンプルなものは古代からずーっと続いてきているもの。

時代や社会の状況が変わっても「基礎」を知っていれば、

いつでも「自分と自然」を観察して答え合わせができてしまう♪

 

ヨガ(自分を生きるとは何か)を理解する上で大切な基礎でもあるので

やはり、たくさんの方に知ってほしい。


という想いから、「講座」というものから遠のいていた私ですが、

再チャレンジすることにしました♪

 

 

AROUND INDIAを運営されるカラリの姉弟子ゆみさんが、

アーユルヴェーダが初めての方にもわかりやすいように

噛み砕いて噛み砕いて、基礎部分をまとめてくれた著書

 

「暮らしのアーユルヴェーダ」

 

こちらを参考図書として使わせていただくお許しを得て、

ゆみさんが日本にインドに走り回ってかき集めた知恵と

私のこれまでの実体験を合わせて、

アーユルヴェーダの基礎部分をお伝えしていこうと思います♪

 

詳細はこれからですが、ご興味ある方はお声がけくださいね^^

f:id:jnana-shri:20200611134053j:image

ヘッドマッサージ後、オイルたっぷりなままの頭部です♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

理恵

 

Diya-Sanga HP

公式LINE:https://lin.ee/tz4TR2a

 

ヨガをするのはなんのため?

ある人は

「このヨガは禅定をしているみたいだね」とおっしゃいました。

 

またある人は

「このヨガをひと言でいうなら【静謐】っと言葉がピッタリだわ」

とおっしゃいました。

 

またまたある人は

「このクラスに来るとね、ポーズができないこと、

肩が痛いからダメとかそうゆう事じゃなくてね、

 

風に揺れる柳のように、踏ん張るんじゃなくて

揺れてもちゃんと真ん中にもどればいいんだなって感じたりするの」

と溢れんばかりの心の声を聞かせてくれました。

 

これまでヨガスタジオ、地域の交流センター、スポーツジム、寺ヨガなど

様々なところでたくさんの方にこのヨガを体験していただいき、

たくさんの感想を受け取ってきました。

 

個々のご感想、気づきのペースももちろん違います。

感じ方はその人それぞれのもの。

正解も間違いもありません。

 

「心地よかった。リラックスできました。」

 

その一言で十分私は嬉しいですし、

ガイドをしながらその場の空気が徐々に丸みを帯びていく過程は

とてもとても神聖でいつまでも浸っていたくなるような光景です。

 

一人一人の呼吸が作り出すその深い瞑想空間。

これは実際体験・体感して味わってみないとわかりません。

 

言葉で伝えることは大切ですが、

言葉にすると陳腐に感じてしまうときもある。

  

私は科学的に打ち出された「数値」は、

事を理解する上で参考(ヒント)として

使います。物理的なお話を聞くことも、

解釈することにも好きですけどね^^

 

それでも、

私が地味で流行らないと言われるこのヨガを、

抽象的なままアーユルヴェーダを伝え続けるのは個人が持つ「感性」で自分を知ることが一番の自立、強みだと思うから。

 

精神的にも経済的(物質的)にも自立できることは理想です。

 

ただ、物質より先にこころ(精神)の自立、心を養うことこそ、私たちがもう一度取り掛かることではないでしょうか。

 

手足を使って触れる、掴む、文字を書く、歩く、走る、乗り物を操る。

空気を吸ったり、食べ物を味わったり、

美しい景色、匂いを嗅いだり、音楽を聞いたり、手で触って外側の世界を学ぶ。

 

生まれてから死ぬまで、私たちは絶えず外側から取り入れて全身でその「刺激」を経験・体感して自分を知っていく。

 

古典のヨガはその逆をゆきます。

 

本当の自己理解とは、本当の安心とは、外側から与えられるものではなく、自分の内側から見出し、受け入れ、感じていく。

 

客観的に自分が生まれ持った性質を知る上で、天体から見た占星術アーユルヴェーダのドーシャチェックもとても有用です。

 

自分自身とのスキンシップも誰かに施すマッサージも心を育むためにとても大切なことです。

 

ですが、情報や承認を与えられるままにいるとそれは外側の何かに「もっともっと」と「依存」のような感覚をもたらすと感じた経験がありました。

 (本当に欲しいものを欲しい!と口に出すことは心を強くする上で必要ですよ)

 

私も自分の肌に触れて「今日は調子いい♪」と嬉しくなるし、

 

誰かに触れられたり、褒められたら嬉しくなるし、

 

正しくその思いを受け取れることも喜びとなり、自信へと繋がります。

 

そういった外側の世界の豊かさ・存在のありがたさを踏まえた上で、

 目を閉じて五感を沈めて、自分の内側に浸っていく。

 

誰かの評価に左右されず、自分へのジャッジも手放していく。

 

これはナルシスト的でもなく、必死に行うことでもなくただ静かに自分を感じて心の目で自分を観察していく作業。

 

 

(ルーティンのように)日々同じアーサナ(ポーズ)を繰り返していくことで、

育ちながらに不必要に身についてしまった習慣、癖をおとして落として

 

生まれたところに立ち帰ったとき、「自分は尊い存在なんだ」と実感する。

 

勿論、精神面だけでなく、

肉体的にも力みが減り、

緊張した自律神経がゆるみ、

 

セロトニンオキシトシンといった多幸感をもたらすホルモンが分泌されます。

 

心地よさを味わうし、緩んだことで骨格や内臓器官も正しい位置に自然と帰っていきます。

 

ネガティヴもポジティブもどちらもあるから自分なんだと、

総合的に自分自身の存在を敬えたとき、

初めて外側とのポジティブなコミュニケーションが取れる。

 

ポジティブなコミュニケーションとは、

自分も相手の存在も同じ「神聖な命」であると敬い、やさしい心・愛を持って接すること。

 

そこには、自分や誰かを上にしたり、下にしたりすることなく平等に対等に見つめる目があります。

 

時には「嫌いだー!苦手だー!理解できない!」と苛立つこともあるかもしれない。

 

でもそれはそれでいい。

前のブログにも書きましたが、感情は人生を豊かにするスパイスでもあるから。

 

自分を「神聖な存在」と受け入れることができたら、

 

自分の置かれた環境にどんな変化があっても、

まず一呼吸おいて、

「さて、どうして行こうか」と

肩の力が抜けて、ちょうどいいポジティブな自分でいられるはずです。

 

内側から生きる道を見出せることほど強いものはないなーと私も日々感じています。

 

私がヨガやアーユルヴェーダを通して、

お伝えしているのは人生をポジティブに生きていくための心の在り方。

 

巷には上手なコミュニケーション術など、たくさんのアイデアが存在します。

それは喜ばしいことですが、どこか頭でばかりで学ぼうとする。

 

古代からの受け継がれてきたものには「感性・こころ」が宿ります。

 

それこそ、本物だと思いませんか?

 

過去の記憶や経験の積み重ねでいまを生きていますが、

宇宙が今でも拡大しているように、私たちの脳神経シナプスも退化していくばかりではなく、

何歳からでも再構築していけるのだと

身を以て実感し、やっぱりこれを伝えたい!と思うのです♪

 

 

ちょっと小難しい硬い文章になりましたが、

静かにゆるみ内側かわヨガをすることの

面白みや大切さなどが少しでも伝わったら嬉しいです^^

 

こんな記事を書き始め、読み直し、訂正しと繰り返していたら、

雨引観音さまからヨガ教室再開のお許しをいただけました!

 

f:id:jnana-shri:20200610083617j:plain

 

6・7月の限定開催です。

ウイルス対策として、最大5名・時間も60分と小規模で行います。

 

参加ご希望の方は早めにご連絡をお願いします。

reserva.be

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

 

理恵

 

Diya-Sanga

公式LINE